ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 課税課 > 市・県民税の申告について

市・県民税の申告について

印刷用ページを表示する更新日:2019年1月1日更新 <外部リンク>

 市・県民税が課税される方は、市・県民税の計算の基礎となる前年中の所得金額や所得控除額について、毎年の3月15日までに申告していただく必要があります。

平成31年度の市・県民税の申告について

 平成31年度の市・県民税の申告の受付は、次のとおり行います。

日時

 平成31年2月18日(月曜日)~3月15日(金曜日)
 開場:午前8時30分  受付:午前9時~午後4時(提出は午後5時まで)
開場と受付開始の時間が変更となりましたのでご注意ください。
※申告書の作成・相談は、午前9時~正午と午後1時~4時に行います。
※土曜日と日曜日は、3月10日(日曜日)を除き、受け付けておりません。
※申告会場は大変混雑が予想されますので、時間に余裕をもってお越しください。
申告にはマイナンバーの記載と提示(もしくは写しの添付)が必要です。

場所

 市役所第4庁舎

申告に必要なもの

  • マイナンバーカード(または通知カードと、免許証もしくは保険証など)
  • 平成30年中の所得金額の分かるもの
    • (例)給与や公的年金等の源泉徴収票
    • 農業所得や営業所得のある方は、収入と経費の分かる帳簿や領収書など
  • 平成30年中の所得控除額やその内容の分かるもの
    • (例)国民健康保険税や国民年金保険料の領収書や証明書
    • 生命保険料や地震保険料の控除証明書
    • 医療費の領収書と保険等の補填額が分かる書類
    • 寄附金の受領証明書
    • 障害者手帳や学生証の写し
  • 認印

申告の必要のない方

次の方は、市・県民税の申告をする必要はありません。

所得税の確定申告をされた方

ただし、所得税の申告不要制度を適用した所得がある場合は、市・県民税の申告が必要になります。

給与所得者で、給与と公的年金等以外の所得がなく、かつ、勤務先から八街市へ給与支払報告書が提出された方

ただし、年末調整されていない生命保険料控除や医療費控除などの適用を受ける場合は、市・県民税の申告が必要になります。
勤務先から給与支払報告書が提出されたか不明な場合は、勤務先にご確認ください。

公的年金等以外に所得がない方

ただし、生命保険料控除や医療費控除などの適用を受ける場合は、市・県民税の申告が必要になります。

前年中に所得がなかった方

前年中に所得がなかった方は、市・県民税の申告をする必要はありません。
ただし、その旨を申告することで、申告した内容が国民健康保険税などを算定する際の基礎資料となったり、各種の低所得者向けの行政サービスが受けられるようになる場合がありますので、申告されることを推奨しています。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。
※3このアンケートの具体的なご意見に対して回答はしておりません。
 お問い合わせについては、「この記事に関するお問い合わせ先」欄の担当課へ電話連絡していただくか、メールでお問い合わせください。