ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 国保年金課 > 傷病届について(第三者行為、交通事故等)

傷病届について(第三者行為、交通事故等)

印刷用ページを表示する更新日:2018年3月15日更新 <外部リンク>

交通事故や相手がいてケガをしたとき

交通事故など第三者(加害者)の行為によって、病気やケガをしたときは、その治療に必要な医療費は、相手が支払う損害賠償金の中で負担するのが原則です。
 一時的に保険診療を受ける場合は、保険者へ被害の状況等を届け出ることとなっています。
 この場合、八街市が医療費を一時立て替え、後で第三者(加害者)に請求します。
 ただし、第三者(加害者)から医療費を受け取ったり示談を済ませたりすると、国民健康保険で医療を受けられなくなることがありますので、国保年金課にご相談のうえ、必要書類を提出してください。
※自分の過失や業務上でケガをした場合もご相談ください。

<次の場合は国民健康保険が使えません>
・労災対象の事故、雇用者が負担すべきもの
・犯罪行為
・故意の事故
・飲酒運転や無免許運転など法令違反の事故
・けんかや泥酔によるケガや病気

<次の場合も届出が必要です>
・他人の飼っているペットにより、ケガをした。
・飲食店での食事で食中毒になった。
・ゴルフ・スキーなどで他人の行為により、ケガをした。
・自転車同士、自転車と歩行者の事故でケガをした。
・相手が分からない(当て逃げなど)。

 

必要なもの

  • 第三者の行為による傷病届
  • 誓約書
  • 念書
  • 事故発生状況報告書
  • 人身事故証明書入手不能理由書
  • 交通事故概要記入欄
  • 同意書…高齢受給者証の一部負担金の割合が「特例措置により1割」と記載された方のみ
  • 印かん
  • 運転免許証(交通事故の場合)…自動車を運転していた場合
  • 事故証明書(交通事故の場合)
  • 個人番号が確認できるもの(個人番号カードなど)

 

自損事故等の場合


外傷系の診療を受ける際は、原因となる相手がいない場合も届出が必要です。
例:自らの運転ミスにより壁に追突し、頸椎を捻挫した。階段を踏み外し、骨折した。など

必要なもの

<交通事故の場合>

  • 傷病届(自爆)
  • 事故発生状況報告書
  • 人身事項証明書入手不能理由書
  • 交通事故概要記入欄

<交通事故以外の場合>

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。
※3このアンケートの具体的なご意見に対して回答はしておりません。
 お問い合わせについては、「この記事に関するお問い合わせ先」欄の担当課へ電話連絡していただくか、メールでお問い合わせください。