ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 下水道課 > 下水道使用料と算定方法

下水道使用料と算定方法

印刷用ページを表示する更新日:2019年10月1日更新 <外部リンク>

 公共下水道の施設が、いつまでも本来の目的を果たすためには、十分な維持管理が必要です。そのため、この維持管理(管の清掃費、処理場の処理費)などの費用にあてるため、公共下水道を利用されている方には、水の使用水量に応じて下水道使用料を納めていただきます。


※井戸水をお使いのご家庭で使用者数に変更がある場合は、必ず届出をお願いします。

 

汚水量の算定基準

用途区分
使用区分
家事用 営業用 家事用と営業用とが
分けられない場合
水道水を使用している場合 水道水の使用水量
井戸水を使用している場合 世帯人員1人につき1カ月 8立方メートル 認定水量
水道水と井戸水を使用している場合

水道水の使用水量と世帯人員1人につき1カ月 4立方メートル

水道水の使用水量と認定水量

 

下水道使用料について

下水道使用料表(1ヶ月分)

区分 汚水量 金額
基本額 10立方メートル以下

 1,320円

超過額 10立方メートルを超え20立方メートル以下

1立方メートルにつき 143円

20立方メートルを超え30立方メートル以下

1立方メートルにつき 165円

30立方メートルを超え50立方メートル以下

1立方メートルにつき 176円

50立方メートルを超え100立方メートル以下

1立方メートルにつき 187円

100立方メートルを超え500立方メートル以下

1立方メートルにつき 198円

500立方メートルを超えるもの

1立方メートルにつき 209円

※上表により算定して得た額に10円未満の端数が生じた場合は切り捨てます。

※下水道使用料は2ヶ月分ごとにまとめて請求いたします。

下水道使用料早見表

下水道使用料早見表 [PDFファイル/281KB]

※汚水量ごとに1請求(税込2ヶ月分)の下水道使用料を早見表にしたものです。

※標準的な家庭使用をモデルに作成しているため、業務用で井戸を使用している場合など汚水量の算定方法が異なることがあります。

 

下水道使用料の算出方法

 使用料=基本額+超過額

計算例

 2ヶ月 間に45立方メートル使用した場合は、1ヶ月22立方メートルと1ヶ月23立方メートルに分けて計算します。

 

(1)基本額 (10立方メートル含む)1,320円

超過額 143円×10立方メートル=1,430円
165円×2立方メートル=330円

小計 22立方メートル 3,080円

 

(2)基本額 (10立方メートル含む)1,320円

超過額 143円×10立方メートル=1,430円
165円×3立方メートル=495円

小計 23立方メートル 3,245円
10円未満の端数を切り捨て 3,240円

 

下水道使用料〔(1)+(2)〕3,080円+3,240円=6,320円

 

下水道使用料の支払い

 市では、水道料金と同様に下水道使用料金も民間業者に収納事務を委託しています。下水道使用料金は、水道料金と併せて2ヶ月に1度の口座振替または納入通知書でお支払いください。

 

口座振替について

 下水道使用料の支払いについて、皆さまに代わって金融機関ごとに指定された口座から自動的に振替える、口座振替をおすすめします。

 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。
※3このアンケートの具体的なご意見に対して回答はしておりません。
 お問い合わせについては、「この記事に関するお問い合わせ先」欄の担当課へ電話連絡していただくか、メールでお問い合わせください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)