ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 農政課 > 害虫「ツマジロクサヨトウ」に関する注意喚起

害虫「ツマジロクサヨトウ」に関する注意喚起

印刷用ページを表示する更新日:2019年8月30日更新 <外部リンク>

 これまで、我が国で発生していなかった害虫「ツマジロクサヨトウ」が、本年7月に鹿児島県で初めて確認されました。その後、九州全県をはじめ計11県で相次いで確認されておりましたが、千葉県におきましても8月26日に香取市の飼料用トウモロコシ畑で疑いのある幼虫が発見され、国の専門機関による判別の結果、8月27日にこの虫であることが確認されました。

 「ツマジロクサヨトウ」はアメリカ原産のヤガ科の害虫で、幼虫がトウモロコシ、サトウキビ、イネ、いも類等80種以上の作物の葉や若い実を食害します。平成28年には新たにアフリカ大陸で発生が確認され、その後、インド、スリランカ、ミャンマー等の南アジアまで拡大し、平成31年に入り中国、台湾、韓国でも発生が確認されています。

 八街市では本種の生息は確認されておりませんが、防除には早期発見が重要ですので、本種とみられる害虫(成虫・幼虫)や食害の痕跡を発見した場合は、千葉県農林総合研究センター病害虫防除課(電話 043-291-6077)または千葉県印旛農業事務所(電話 043-483-1129)へ連絡をお願いします。

 詳しくは、以下のチラシやウェブサイトをご確認下さい。

「ツマジロクサヨトウ」に注意 飼料用とうもろこしに発生中 「ツマジロクサヨトウ」にご注意ください。

「ツマジロクサヨトウ」に注意【畜産農家用】 [PDFファイル/313KB]

「ツマジロクサヨトウ」にご注意ください【耕種農家用】 [PDFファイル/345KB]

 

ツマジロクサヨトウに関する情報(農林水産省ホームページ)<外部リンク>

特殊報第1号(ツマジロクサヨトウの発生)について(千葉県ホームページ)<外部リンク>

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。
※3このアンケートの具体的なご意見に対して回答はしておりません。
 お問い合わせについては、「この記事に関するお問い合わせ先」欄の担当課へ電話連絡していただくか、メールでお問い合わせください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)