ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 健康増進課 > 熱中症に注意しましょう

本文

熱中症に注意しましょう

印刷用ページを表示する更新日:2024年6月17日更新 <外部リンク>

熱中症とは

熱中症は気温などの環境条件だけでなく、体調や暑さに対する慣れなどが影響して起こります。気温がそれほど高くない日でも、湿度が高く風が弱い日など、体が暑さに慣れていない時は注意が必要です。

熱中症の症状は、めまい・吐き気・筋肉痛・頭痛など、さまざまです。重症になると、けいれんや意識の消失などがおき、命にかかわることもあります。

自分も熱中症になるかもしれない、という意識を持ち、予防のための行動をとることが大切です。

熱中症に注意!

  • 急に暑くなった日や久しぶりに暑い環境で活動した時には、体が慣れていないため、体温調節がうまくいかず、注意が必要です。​
  • 晴れた日は、地面に近いほど気温が高く、幼児や車椅子の方は、想像以上に暑い環境にいます。また、乳幼児は体温調節機能が十分発達していないため、特に注意が必要です。
  • 高齢になると、温度や湿度に対する感覚が鈍くなるため、室内でも熱中症になることがありますので気を付けましょう。

高齢者のための熱中症対策 [PDFファイル/1.42MB]

熱中症の予防法

  • のどが渇いていなくてもこまめな水分補給をしましょう。入浴前後や起床後も水分補給を忘れずに。
  • 通気性の良い涼しい服装や帽子・日傘を使用しましょう。
  • 室内の温度や湿度に注意し、扇風機やエアコンを上手に使用しましょう。
  • 日陰の利用やこまめな休息をして、晴天の昼下がりはなるべく外出は控えましょう。
  • 冷たいタオルや保冷剤を活用しましょう。
  • バランスの良い食事と十分な睡眠をとりましょう。

熱中症になったときは

​1.風通しのよい日陰や、冷房の効いている場所に移動し、体を冷やしましょう。
2.衣服をゆるめ、身体を楽にしましょう。
3.自分で飲めるようなら経口補水液やスポーツドリンク、水に食塩(1リットルに1~2グラム程度)とブドウ糖を溶かしたものを飲みましょう。
4.氷や冷却剤を使って首や脇の下、足のつけ根などを冷やし、体温を下げましょう。
5.自分で水が飲めない、意識がない、呼びかけへの返事がおかしい場合は救急車を呼んでください。

注意:処置をしても回復しない場合は医療機関を受診してください。

熱中症の応急処置についてはこちらをご確認ください。
厚生労働省症 熱中症予防のための情報・資料サイト<外部リンク>

熱中症警戒アラート・熱中症特別警戒アラート

「熱中症警戒アラート(熱中症警戒情報)」とは

「熱中症警戒アラート」は、熱中症の危険性が極めて高くなる(暑さ指数(Wbgt)が33を超える)と予測された場合に、危険な暑さへの「気づき」を呼びかけ、熱中症予防行動をとっていただけるよう促すための情報です。

※暑さ指数(Wbgt)とは・・・人体と外気との熱のやりとりに着目し、 (1)湿度、 (2)日射・輻射(ふくしゃ)など周辺の熱環境、 (3)気温の3つを取り入れた指標で、熱中症の危険度を判断する目安となります。

環境省と気象庁は、熱中症予防対策の情報発信として、「熱中症警戒アラート」を発表しています。令和6年度の情報提供期間は、4月24日(水曜日)から10月23日(水曜日)までです。

このアラートは前日の17時頃と、当日の朝5時頃に最新の予測値を基に、都道府県単位で発表されます。

「熱中症特別警戒アラート(熱中症特別警戒情報)」とは

「熱中症特別警戒アラート」は令和5年5月12日に改正された気候変動適応法により創設された新しい制度です。

都道府県内において、すべての暑さ指数情報提供地点における、翌日の日最高暑さ指数(Wbgt)が35(予測値)に達する場合等に発表します。

都道府県の枠を超えて暑い状況等が想定されますので、近隣の都道府県においても注意が必要な可能性があります。
暑さ指数(Wbgt) 日常生活における注意事項等
極端な高温の予測(35 以上) 熱中症特別警戒アラート発表 【新設】
熱中症警戒アラート(33 以上) 熱中症警戒アラート発表
危険(31 以上) 高齢者においては安静状態でも発生する危険性が高い。外出はなるべく避け、涼しい室内に移動する。
厳重警戒(28 ~ 31) 外出時は炎天下を避け、室内では室温の上昇に注意する。
警戒(25 ~ 28) 運動や激しい作業をする際は定期的に充分に休息を取り入れる。
注意(25 未満) 一般に危険性は少ないが、激しい運動や重労働時には発生する危険性がある。

「熱中症警戒アラート」「熱中症特別警戒アラート」の発表状況を知るには

熱中症警戒アラート等の発表状況については、気象庁の発表する様々な気象情報と同様に、ニュースや天気予報等の多くの手段で知ることができます。

また、「環境省熱中症予防情報サイト」で確認できるとともに、熱中症警戒アラート等のメール配信サービス登録や環境省公式アカウントによるLine友達追加により、発表された際に情報を受け取ることができますので、是非、ご活用ください。

環境省熱中症予防情報サイト(アラート発表状況)<外部リンク>

熱中症警戒アラート等のメール配信サービス<外部リンク>      

 メール配信サービスのQRコードはこちら

     ↓   

qr  

環境省Lineアプリによる情報配信<外部リンク>

 Line友達追加のQRコードはこちら

   ↓

環境省公式LineのQRコード

 

 

「熱中症警戒アラート」が発表されたら・・・

熱中症警戒アラートが発表された地域において、気温が著しく高くなることにより熱中症による人の健康に係る被害が生ずるおそれがあるので、他人事と考えず、暑さから、自分の身を守りましょう!!​

【熱中症警戒アラート発表時の予防行動のポイント】
1.外出はできるだけ控え、暑さを避けましょう。

  • 熱中症を予防するためには暑さを避けることが最も重要
  • 不要不急の外出はできるだけ避け、昼夜を問わず、エアコン等を使用して部屋の温度を調節する。

2.熱中症のリスクが高い方に声かけをしましょう。

  • 高齢者、子ども、持病のある方、肥満の方、障がい者等の方には、身近な方から、夜間を含むエアコンの使用やこまめな水分補給等を行うよう、声かけをしましょう。

3.普段以上に「熱中症予防行動」を実践しましょう。

  • ​​のどが渇く前にこまめに水分補給をする。
  • 涼しい服装にする。

4.外での運動は、原則、中止/延期をしましょう。

  • ​​身の回りの暑さ指数(Wbgt)に応じて、屋外やエアコン等が設置されていない屋内での運動は、原則、中止や延期をする。
  • 高齢者、子ども、持病のある方、肥満の方、障がい者等の方は、より注意して行動する。

5.暑さ指数(Wbgt)を確認しましょう。

  • 身の回りの暑さ指数(Wbgt)を行動の目安にする。

​​6.暑さ指数は時間帯や場所によって大きく異なるため、身の回りの暑さ指数を環境省熱中症予防情報サイトや各現場で測定して確認する。​​

暑さ指数の確認はこちらから
環境省熱中症予防情報サイト<外部リンク>

「熱中症特別警戒アラート」が発表されたら・・・

過去に例のない危険な暑さとなり、人の健康に係る重大な被害が生じるおそれがあります。

今一度気を引き締めた上で、より積極的な熱中症予防行動をとりましょう。

八街市では、熱中症特別警戒アラートが発表されると、市内の一部施設を指定暑熱避難施設(クーリングシェルター)として一般開放し、危険な暑さから避難できる場所を確保いたします。熱中症対策に、ぜひご活用ください!
また、熱中症特別警戒アラートが発表されなくても施設の開館時間中はご利用いただけます。

クーリングシェルター指定施設の一覧はこちらをご確認ください。
https://www.city.yachimata.lg.jp/soshiki/21/48681.html

 

指定暑熱避難施設(クーリングシェルター)について [PDFファイル/590KB]

 

関連リンク

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。
※3このアンケートの具体的なご意見に対して回答はしておりません。
 お問い合わせについては、「この記事に関するお問い合わせ先」欄の担当課へ電話連絡していただくか、メールでお問い合わせください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)