ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 防災課 > 業務継続計画を改訂しました

業務継続計画を改訂しました

印刷用ページを表示する更新日:2019年7月25日更新 <外部リンク>

 大規模災害が発生した際、市は災害応急対策から復旧・復興の主体として、重要な役割を担う一方、災害時であっても継続して行わなければならない各種業務を抱えています。
 大規模災害発生時にあっても、これらの災害対応業務や優先度の高い通常業務が適切に継続できる体制をあらかじめ整えておくことが重要です。
 このため、市が優先的に取り組むべき業務を選定し、それらの業務を継続できる体制を構築するために業務継続計画(震災編)を平成30年2月に策定しました。
 このたび、計画の見直し並びに人事異動等にともなう職員の参集予測の見直しを実施し、令和元年7月に改訂しました。


※修正箇所
○「9 職員の参集予測」(P12~14)
○「行政情報システム欄 業務系(基幹系)」に「八街市総合情報システム (リームス)」を追記(P18)
○「下水道課(下水道)」通常業務蘭の「排水設備の維持管理」を削除(P35)


詳しくは下記のページをご参照ください。

「八街市業務継続計画(震災編)」令和元年7月改訂版 [PDFファイル/1.68MB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)