ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 防災課 > 原子力災害におけるひたちなか市民の県外広域避難に関する協定を締結しました

原子力災害におけるひたちなか市民の県外広域避難に関する協定を締結しました

印刷用ページを表示する更新日:2018年8月10日更新 <外部リンク>

市長と協定者の写真

 茨城県東海第二発電所で、重大な原子力災害が発生し、または発生するおそれがある場合に備え、7月24日印旛地域振興事務所において、本市を含めた県内10市町と「原子力災害におけるひたちなか市民の県外広域避難に関する協定」を締結しました。
 この協定は、原子力災害などで、ひたちなか市が避難対象となった場合、一部の市民を受け入れ、避難初動時における避難所の開設・運営などを協力するものです。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。
※3このアンケートの具体的なご意見に対して回答はしておりません。
 お問い合わせについては、「この記事に関するお問い合わせ先」欄の担当課へ電話連絡していただくか、メールでお問い合わせください。