ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

市たばこ税

印刷用ページを表示する更新日:2018年10月1日更新 <外部リンク>

市たばこ税は、たばこの製造者、特定販売業者及び卸売販売業者が、市内の小売販売業者に売り渡したたばこに対してかかる税金です。

市たばこ税を納める人

市内の小売販売業者にたばこを売り渡した、たばこの製造者、特定販売業者及び卸売販売業者が、市たばこ税を納めることになっています。

市たばこ税の納め方

たばこの製造者等は、毎月1日から月末までに売り渡したたばこの本数に応じて、税額を翌月末までに市に申告し、納めることになっています。

市たばこ税の計算方法及び税率

市たばこ税は、「売渡本数×税率」で、税額を計算します。
また、税率については、以下のとおりです。

  • 紙巻たばこ(3級品以外)千本あたり5,262円(平成30年10月1日より千本あたり5,692円になります)
  • 紙巻たばこ3級品(わかば、エコー、しんせい、ゴールデンバット、ウルマ、バイオレットの6銘柄)千本あたり4,000円
  • 千本あたりの税率については次のとおりです。平成31年10月1日から紙巻たばこ(3級品以外)と紙巻たばこ3級品のたばこの税率は同じになります。

 

平成30年
4月1日~

平成30年
10月1日~

平成31年
10月1日~

平成32年
10月1日~

平成33年
10月1日~

紙巻たばこ(3級品以外)

5,262円

5,692円

5,692円

6,122円

6,522円

紙巻たばこ3級品

4,000円

4,000円

5,692円 6,122円 6,522円

手持品課税について

紙巻たばこ3級品に係る税率が段階的に引き上げられることに伴い、平成 30年4月1日の午前0時現在において、たばこの販売業者(小売販売業者及び卸売販売業者)が、店舗(営業所)、倉庫、居宅等で合計5,000本以上の紙巻たばこ3級品を販売のために所持している場合には、その所持する紙巻たばこ3級品について、税率の引上げ分に相当するたばこ税が課税されます。

 また、紙巻たばこ(3級品以外)についても、平成 30年10月1日の午前0時現在において、たばこの販売業者(小売販売業者及び卸売販売業者)が、店舗(営業所)、倉庫、居宅等で合計20,000本以上の紙巻たばこ(3級品以外)を販売のために所持している場合には、その所持する紙巻たばこ(3級品以外)について、税率の引上げ分に相当するたばこ税が課税されます。これらの税率の引上げ分に相当する税を課することを「手持品課税」といいます。

たばこは、できる限り市内で買いましょう!

市たばこ税は、八街市の税収の約1割を占める重要な財源です。そして、皆様が日頃たばこを買っている小売店等に、たばこが売り渡されたときに、税金が発生します。市の財源確保のため、たばこはできる限り市内でお買い求めください。

たばこの煙は、あなたとあなたの周りの人の健康に悪影響を及ぼします。喫煙する際にはマナーを守り、周りの人の迷惑にならないように注意しましょう。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。
※3このアンケートの具体的なご意見に対して回答はしておりません。
 お問い合わせについては、「この記事に関するお問い合わせ先」欄の担当課へ電話連絡していただくか、メールでお問い合わせください。