ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 下水道課 > 公共下水道大池調整池整備事業の進捗状況について

公共下水道大池調整池整備事業の進捗状況について

印刷用ページを表示する更新日:2018年3月15日更新 <外部リンク>

事業名

 公共下水道大池調整池整備事業

大池調整池の役割

 八街市は農業中心の田園都市として緩やかな発展を遂げてきましたが、新東京国際空港に隣接する利便性と豊かな自然環境を求めて住宅が建ち始め、また企業の進出もあり都市化の波が押し寄せています。市内には大きな排水路がなく都市化による雨水流出量の増大に対応できない事態となっています。

 市街地の浸水防除を目的にJR八街駅北側を含む大池排水区53haについて、平成12年度、下水道法による事業計画変更認可を受けました。対象となる大池排水区の雨水放流先である利根川水系高崎川の許容放流量にあわせ、大池調整池を建設し、流出量の抑制を行うものです。

事業内容

調整池の概要

 A 面積 約3.5ha

 B 容量 約91,000t

事業期間 

 平成13年度~平成32年度(予定)

進捗率

 約70%(平成30年3月31日現在)

大池調整池の風景

下流池( 平成20年4月22日現在)の画像1

下流池(平成20年4月22日現在)

下流池( 平成20年4月22日現在)の画像2

下流池(平成20年4月22日現在)

下流池( 平成20年4月22日現在)の画像3

下流池(平成20年4月22日現在)

上流池( 平成20年4月22日現在)の画像1

上流池(平成20年4月22日現在)

上流池( 平成20年4月22日現在)の画像2

上流池(平成20年4月22日現在)

上流池( 平成20年4月22日現在)の画像3

上流池(平成20年4月22日現在)

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。
※3このアンケートの具体的なご意見に対して回答はしておりません。
 お問い合わせについては、「この記事に関するお問い合わせ先」欄の担当課へ電話連絡していただくか、メールでお問い合わせください。