ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ごみ収集車で火災が発生しました

印刷用ページを表示する更新日:2022年11月14日更新 <外部リンク>

令和4年11月8日午前、「金物・小型家電・硬質プラスチック」の収集中にごみ収集車内で発火し、消防署による消火活動が行われました

発火の原因は、スプレー缶・オイル缶や充電式電池と思われます。
危険物の混入は、車両火災など大きな事故につながります。これを未然に防ぐため、正しいごみの分別をお願いします。
なお、正しい出し方は次のとおりです。
・スプレー缶 使用後、ガスを出し切ってから穴を開け、「カン」で出す。
・オイル缶  中身を使い切ってから「カン」で出す。(事業所で使用済みのオイル缶など、すべてのごみは、ごみ収集場所へは出せません。)
・携帯用充電器 充電池のみをテープ類で絶縁し、「かん電池・蛍光灯」で出す。

市民のみなさまのご協力をよろしくお願いいたします。
発火写真
発火原因と思われるスプレー缶及びオイル缶など

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。
※3このアンケートの具体的なご意見に対して回答はしておりません。
 お問い合わせについては、「この記事に関するお問い合わせ先」欄の担当課へ電話連絡していただくか、メールでお問い合わせください。