ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > クリーン推進課 > もやせないごみ袋(赤色)の規格が変わります

もやせないごみ袋(赤色)の規格が変わります

印刷用ページを表示する更新日:2018年3月15日更新 <外部リンク>

 もやせないごみ袋(赤色)の中に乾電池や蛍光灯が入っていることが多く見受けられます。もやせないごみ袋(赤色)に入れるものは、陶磁器類、ガラス類、ひげそりやカミソリなど刃物とプラスチックやゴムなどが一体で分解できない製品です。
 平成30年4月からもやせないごみ袋(赤色)の規格が変わります。容量が45Lから15Lになります。もやせるごみ袋(小曜日)と同じサイズです。
 埋め立てごみの減量にご協力をお願いします。
※平成30年4月以降、もやせないごみ袋45L(赤色)も使用できます。

もやせないごみ袋 [その他のファイル/61KB]

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。
※3このアンケートの具体的なご意見に対して回答はしておりません。
 お問い合わせについては、「この記事に関するお問い合わせ先」欄の担当課へ電話連絡していただくか、メールでお問い合わせください。