ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 健康増進課 > 子宮頸がん予防(HPV)ワクチン積極的勧奨の再開について

子宮頸がん予防(HPV)ワクチン積極的勧奨の再開について

印刷用ページを表示する更新日:2022年4月18日更新 <外部リンク>

子宮頸がん予防ワクチン(以下HPVワクチン)の定期接種について、国の方針により接種後の副反応の発生頻度等がより明らかになるまでの間として、平成25年6月より積極的勧奨を差し控えてきましたが、令和3年11月26日をもって接種の有効性がリスクを明らかにに上回るとし、支援体制や情報提供の充実など、今後の方向性を踏まえつつ、積極的勧奨の差し控えが終了となりました。
これに伴い、令和4年4月1日より順次、対象者への個別通知及び接種機会を逃した方への対応を行います。

対象者

小学6年生~高校1年生の女子

接種機会を逃した方への対応について

令和4年4月1日より、今までの積極的勧奨の差し控えにより接種機会を逃した方に対して3年の期間を設け公費での定期接種を行います。

対象者 平成9年4月2日~平成18年4月1日生まれの女性

子宮頸がん予防(HPV)ワクチンの接種機会を逃した方の対応について<外部リンク>

 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。
※3このアンケートの具体的なご意見に対して回答はしておりません。
 お問い合わせについては、「この記事に関するお問い合わせ先」欄の担当課へ電話連絡していただくか、メールでお問い合わせください。