ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 子育て支援課 > ドメスティック・バイオレンス(DV)とは?

ドメスティック・バイオレンス(DV)とは?

印刷用ページを表示する更新日:2020年10月16日更新 <外部リンク>

 DVとは、配偶者・パートナーなど、親密な関係にある人からの暴力です。
ここでいう暴力には、身体的暴力に限らず、さまざまな形態があり、多くは、男性から女性に振るわれています。優位な立場の人が弱い立場の人を思い通りに支配するために振るわれる暴力は、重大な人権侵害であり、許されるものではありません。

暴力の形態

 

身体的暴力
なぐる、蹴る、髪を引っ張る、
首を絞めるなど


精神的暴力
無視する、大声で怒鳴る、
脅す、罵る、夜通し説教をして
眠らせないなど

経済的暴力
生活費を渡さない、
家庭の収入に
ついて何も教えない、
家計を厳しく管理するなど

性的暴力
性行為の強要、中絶の強要、
暴力的な性行為、
避妊に協力しない、
ポルノなどを無理やり見せるなど

社会的暴力
人間関係や行動を監視する、
電話やメールの内容を
監視する、実家や友人との
付き合いを制限する、
外出を禁止するなど

子どもを利用した暴力
子どもの前で、暴力を振るう、
子どもを危険な目にあわせる
子どもを取り上げる、
自分の言いたいことを
子どもに言わせるなど

 

思い当たることはありませんか?

□パートナーのことが怖い
□パートナーに本音が言えない
□自分のことより、パートナーの考えを優先させる
□間違っていると思っても、パートナーの考えに従っている
□パートナーの帰宅時間が近づくと緊張する
□パートナーからのセックスの要求を断れない
□子どもがパートナーの気に入らないことをするとあせる

DVにはサイクル(周期)があります

 暴力を振るう時期(爆発期)の後は、一転して反省の態度を見せたり、優しくなったりする時期(ハネムーン期)があり、それを繰り返します。加害者が優しくなるのは、被害者が離れていくのを防ぐためです。
 優しくなる時期には、被害者は「もしかするとこれで変わってくれるのではないか」と期待し、関係を続けてしまいます。
 しかし、しばらくすると再び緊張感が増すようになり、暴力が繰り返され、DVのサイクルから抜け出すことが難しくなります。なるべく早い内に気づくことが大切です。

 

緊張期
【加害者】
ささいなことで
イライラし、
威圧的になる
【被害者】
相手の顔色をうかがう、
ビクビクしておびえる

     

 
爆発期
【加害者】
怒りをコントロール
できなくなり、
激しく暴力を振るう
【被害者】
絶望感、無力感に陥る
何が何だか分から
なくなる

     

 
開放期(ハネムーン期)
【加害者】
「もう暴力をふるわない」と
謝罪し、別人のように優しくなる
【被害者】
「やっぱり愛されている」
「もう一度信じよう」

      

   緊張期に戻る

 暴力は繰り返され、次第にサイクルが早くなります。

ひとりで悩まず、まずはご相談ください。  DV相談ナビ:0570-0-55210

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。
※3このアンケートの具体的なご意見に対して回答はしておりません。
 お問い合わせについては、「この記事に関するお問い合わせ先」欄の担当課へ電話連絡していただくか、メールでお問い合わせください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)