ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 国保年金課 > 後期高齢者医療制度医療費の自己負担割合の見直し(2割負担)について

後期高齢者医療制度医療費の自己負担割合の見直し(2割負担)について

印刷用ページを表示する更新日:2022年3月1日更新 <外部リンク>

見直しの内容

後期高齢者医療制度における窓口負担割合は、これまで1割と3割でしたが、令和4年10月1日から一定以上の所得のあるかた(75歳以上のかた等)は、現役並み所得者(自己負担割合3割)を除き、医療費の自己負担割合が「2割」になります。
制度改正に合わせ、令和4年度は被保険者全員に被保険者証が2回(7月と9月)送られます。
詳しくは以下のリーフレットをご覧ください。

自己負担割合見直しに関するリーフレット [PDFファイル/763KB]

配慮措置について

窓口負担割合が2割になるかたには、令和4年10月1日の施行後3年間(令和7年9月30日まで)は、1か月の外来医療の負担増加額を3,000円までに抑える配慮措置があります。
配慮措置の適用で払い戻しとなるかたは高額療養費として高額療養費の登録口座へ後日払い戻します。

<配慮措置が適用される場合の計算方法>
例:1か月の医療費全体額が50,000円の場合

 

窓口負担割合1割のとき  (1)

 5,000円

窓口負担割合2割のとき  (2)

10,000円

負担増  (3) 〔 (2) - (1) 〕

 5,000円

窓口負担増の上限  (4)

 3,000円

払い戻し  〔(3) - (4) 〕

 2,000円

関連リンク

千葉県後期高齢者医療広域連合ホームページ<外部リンク>

お問い合わせ

今回の見直しに関するお問い合わせはコールセンターへお願いします。

医療費の自己負担割合の見直しに関するお問い合わせ

千葉県後期高齢者医療広域連合コールセンター
0570-080280 午前8時30分から午後5時15分(土日・祝日を除く)

今回の制度改正の見直しの背景等に関するご質問等

後期高齢者窓口負担割合コールセンター
0120-002-719 午前9時から午後6時(日曜・祝日を除く)

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。
※3このアンケートの具体的なご意見に対して回答はしておりません。
 お問い合わせについては、「この記事に関するお問い合わせ先」欄の担当課へ電話連絡していただくか、メールでお問い合わせください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)