ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

国民年金付加年金制度

印刷用ページを表示する更新日:2019年8月1日更新 <外部リンク>

国民年金付加年金制度について

国民年金付加年金制度とは

 国民年金第1号被保険者ならびに任意加入被保険者は、国民年金保険料に加えて、付加年金保険料(月額400円)を納めると、老齢基礎年金に付加年金が上乗せされます。上乗せして納めることで、将来受け取る年金額を増やすことができます。


付加年金は、「200円×付加年金保険料納付月額」です。


例えば、20歳から30歳までの10年間、付加保険料を納めていた場合の年金額は次のとおりとなります。

 付加年金額(年額)  200円×120月(10年)=24,000円

※なお、付加年金は定額のため、物価スライド(増額・減額)はありません。

申し込みできる方

  1. 国民年金第1号被保険者
  2. 任意加入被保険者(65歳以上の方除く。)

 ※ ただし、国民年金保険料の免除または納付猶予等を受けている期間については、加入することができません。

手続き方法

 付加年金の申し込みを希望される場合は、申込用紙(国民年金被保険者関係届書)に必要事項を記入し、お住まいの市町村役場または最寄りの年金事務所へ提出してください。

保険料を納める際の注意点

  • 付加保険料の納付は、申し込んだ月分からとなります。
  • 付加保険料の納期限は、翌月末日(納期限)と定められております。
  • 納期限を経過した場合でも、期限から2年間は付加保険料を納めることができます。
  • 付加保険料を納付することを希望しない場合は、付加保険料納付辞退申出書の提出が必要となります。
  • 国民年金基金に加入している方は、付加保険料を納めることはできません。
  • 月末が土曜日、日曜日、休日等にあたる場合及び年末の納期限は、翌月最初の金融機関等の営業日となります。

 

 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。