ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 財政課 > 八街市公有財産利活用基本方針を策定しました

八街市公有財産利活用基本方針を策定しました

印刷用ページを表示する更新日:2021年9月3日更新 <外部リンク>

 八街市は、平成4年の市制施行以来、人口が右肩上がりに増加し、都市基盤や公共施設等の整備を進めてきました。しかし、近年の人口推計では、平成18 年度をピークに人口減少を続け、高齢化率も年々上昇する見込みとなっています。

 今後は、人口減少や少子高齢化が進み、税収の減少、扶助費等の義務的経費の増加が見込まれる中で、公共施設の課題に対策を講じていく必要があります。
 また、市が保有している土地についても既に用途廃止により遊休化し、活用方針が未定となっている土地が多くあり、維持管理費の増加等を考慮すると、今後は更に積極的な活用を図っていく必要があります。

 こうした課題に対して、総合的なマネジメントによる公有財産の最適化を図り、効果的・効率的な企画・管理・活用を行うことで、八街市の持続可能な行財政運営を実現するため、公有財産の利活用に関する基本的な方針となる「八街市公有財産利活用基本方針」を策定しました。

八街市公有財産利活用基本方針 [PDFファイル/2.45MB]

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。
※3このアンケートの具体的なご意見に対して回答はしておりません。
 お問い合わせについては、「この記事に関するお問い合わせ先」欄の担当課へ電話連絡していただくか、メールでお問い合わせください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)