ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > しごとの情報 > 入札・契約 > 入札 > 建設工事に係る最低制限価格制度について

建設工事に係る最低制限価格制度について

印刷用ページを表示する更新日:2020年4月1日更新 <外部リンク>

最低制限価格制度について

 八街市が発注する次の入札案件については、原則として最低制限価格制度が適用されます。また、低入札価格調査基準価格の算定式に準拠して、最低制限価格の算定式を変更します。

  • 建設工事 予定価格が2,500万円未満の案件

 最低制限価格を設定した入札においては、最低制限価格を下回る金額の入札は無効となります。

<最低制限価格制度に関する規程等>
 八街市建設工事等契約事務取扱規程

建設工事等に係る最低制限価格の算定式について

 ※令和2年4月1日から以下のとおりとなります。

 建設工事等に係る最低制限価格は、予定価格の75%(下限額)から92%(上限額)の範囲内で、下記のアからエにより算出した額の合計額に、110%を乗じて得た額とします。

 ア 直接工事費の97%の額
 イ 共通仮設費の90%の額
 ウ 現場管理費の90%の額
 エ 一般管理費等の55%の額

(注)最低制限価格の算出方法
 最低制限価格の110分の100の額(入札書比較価格)の算出に当たり、1円未満の端数を生じたときは、これを切り上げ、または切り捨てるものとします。その際、切り上げ、または切り捨てにより得られた額に消費税相当額(10%)を加算し、1円未満の端数を切り捨てたものが最低制限価格に等しくなるようにするものとします。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。
※3このアンケートの具体的なご意見に対して回答はしておりません。
 お問い合わせについては、「この記事に関するお問い合わせ先」欄の担当課へ電話連絡していただくか、メールでお問い合わせください。