ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 企画政策課 > 「令和3年社会生活基本調査」を実施します

「令和3年社会生活基本調査」を実施します

印刷用ページを表示する更新日:2021年8月10日更新 <外部リンク>

社会生活基本調査ロゴ

総務省では、「令和3年社会生活基本調査」を実施します。
調査へのご回答をよろしくお願いします。

 

調査の根拠

 統計法(国の統計に関する基本的な法律)により特に重要なものとされる「基幹統計調査」であり、調査に回答する義務があります。

 

調査の目的

 わたしたちが1日どのくらいの時間を、仕事、家事、地域での活動などに費やしているか、また、過去1年間にスポーツ、趣味・娯楽、ボランティア活動など、どのような活動を行ったかを調査し、国民の社会生活の実態を明らかにすることを目的としています。

■調査事項

(1)世帯や世帯員に関すること(男女の別、出生の年月、ふだんの就業状態など)                                                                                                   (2)過去1年間の自由時間における活動(スポーツ、ボランティア活動など)                                                     (3)1日の生活時間配分  など

通勤・通学仕事育児買い物社会生活基本調査ロゴボランティア・社会参加活動家事介護・看護スポーツ

 

 

調査の時点

 令和3年社会生活基本調査では、10月20日を基準として、個人や世帯に関する状況や過去1年間の自由時間における活動を調査します。また、生活時間の配分についての調査は、10月16日から10月24日までの間の調査地域ごとに指定された連続する2日間の行動について調査します。

 

調査の対象

 調査対象は、統計理論に基づき無作為に選ばれた全国の約91,000世帯で、その世帯にふだん住んでいる10歳以上の世帯員約194,000人です。

 

調査の方法

調査をお願いする世帯には、10月上旬から中旬にかけて、調査員が伺い、調査書類をお配りします。回答は、紙の調査票への記入だけでなく、皆さんにより便利にご回答いただくため、パソコンやスマートフォン等を使ってインターネットで回答することもできます。いつでも回答可能で便利なインターネット回答を是非ご活用ください。

パソコンで調査に回答する人令和3年社会生活基本調査の詳細については、以下でご覧いただけます。
 総務省統計局 「社会生活基本調査」<外部リンク>

 

 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。
※3このアンケートの具体的なご意見に対して回答はしておりません。
 お問い合わせについては、「この記事に関するお問い合わせ先」欄の担当課へ電話連絡していただくか、メールでお問い合わせください。