ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 議会事務局 > 長期間欠席した議員の報酬を減額する条例について

長期間欠席した議員の報酬を減額する条例について

印刷用ページを表示する更新日:2020年9月3日更新 <外部リンク>

八街市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の特例に関する条例

概要

疾病その他の事由により、長期間市議会の会議を欠席することを余儀なくされた議員が、議員報酬や期末手当を辞退または返還することは、公職選挙法に規定される寄付行為に該当するため禁止されています。また、このような場合における議員報酬の支給等のあり方について規定した法律等も制定されていないことから、議員が疾病等の事由により、長期欠席することとなった場合の議員報酬および期末手当の減額を行う条例を新たに制定するものです。

条例の主な内容

議員報酬の減額について
長期欠席の期間 支給割合
90日を超え180日以下 100分の80
180日を超え365日以下 100分の70
365日を超えるとき 100分の50

期末手当の減額について
基準日(6月1日及び12月1日)の6か月以内の期間において、議員報酬が減額された月があるときは、報酬の減額と同様の割合で減額する。

適用除外について

  • 公務上の災害
  • 災害その他議員の責によらない事故等の場合で、議長が公務上の災害等に準ずると認めるもの。
  • 女性議員の出産
  • 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第18条第1項に規定する患者または無症状病原体保有者となった場合。 

施行日 
令和2年9月3日

条例
八街市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の特例に関する条例 [PDFファイル/1.36MB]

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。
※3このアンケートの具体的なご意見に対して回答はしておりません。
 お問い合わせについては、「この記事に関するお問い合わせ先」欄の担当課へ電話連絡していただくか、メールでお問い合わせください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)