ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 下水道課 > 下水道事業受益者負担金制度と手続き

下水道事業受益者負担金制度と手続き

印刷用ページを表示する更新日:2018年3月15日更新 <外部リンク>

受益者負担金の必要性

 公共下水道の場合は、処理区域内の人だけがその施設を利用することができ、また施設の整備により、その区域の土地の利用価値・資産価値が上昇します。このように、公共下水道事業により利益を受ける人を「受益者」といいます。しかし、公共の事業により特定の人のみが利益を受けることは、公費負担の公平の原則から妥当ではありません。したがって、受ける利益の範囲内において、受益者に建設費の一部を負担していただくという主旨のもとに取り入れられたのが受益者負担金制度です。また、受益者とは一般的に、建物がある土地の場合は建物の所有者、建物がない土地の場合は土地の所有者になります。

受益者の申告について

 受益者の正確を期すため、受益者は申告に基づいて決めることになります。
 年度当初に負担金を納めていただく区域の土地所有者へ「下水道事業受益者負担金に関する申告書」を市から送付いたしますので、必要事項を記入の上、期日までに申告して頂くことになります。
 この申告に基づいて、市では受益者負担金の対象となる地積や受益者の確定を行います。

受益者負担金の算出方法

 負担額は、負担区毎に定められた負担金単価に、申告していただき確定した土地の面積を乗じて算出します。なお、その土地に対して一度だけ賦課するものです。

負担区の名称 負担金単価
八街負担区 440円/平方メートル
八街第2負担区 610円/平方メートル
八街第3負担区
八街第4負担区
八街第5負担区
八街第6負担区

受益者負担金の納付方法

 負担金を算出し確定しましたら、「受益者負担金決定通知書」を送付します。負担金は5年間に分割し、さらに1年を4期に分けて納めていただきます。

年度 期別 納期
1年 第1期 7月16日から同月末日まで
第2期 9月16日から同月末日まで
第3期 11月16日から同月末日まで
第4期 2月16日から同月末日まで

 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。
※3このアンケートの具体的なご意見に対して回答はしておりません。
 お問い合わせについては、「この記事に関するお問い合わせ先」欄の担当課へ電話連絡していただくか、メールでお問い合わせください。