ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 下水道課 > 令和4年度(2022年度)の下水道事業会計予算

令和4年度(2022年度)の下水道事業会計予算

印刷用ページを表示する更新日:2022年8月26日更新 <外部リンク>

ここには、令和4年度(2022年度)の下水道事業会計の当初予算と、当初予算の成立後に生じた新たなニーズに対応するための補正予算を掲載しています。

令和4年度(2022年度)の予算原案作成方針

令和4年度(2022年度)の下水道事業会計の予算原案作成方針を、次のように決定しました。

令和4年度(2022年度)の予算書

  1. 令和4年度八街市下水道事業会計補正予算(第1号)(案)は、令和4年9月市議会定例会に提案する原案です。
  2. したがって、現在のところこの予算は成立していないので、ご注意ください。

令和4年度(2022年度)の当初予算の概要

収益的収入及び支出

令和4年度(2022年度)の収益的収入には、下水道使用料などの下水道事業の運営に伴う営業収益を2億5,386万9千円(全体の31.8%)計上したほか、一般会計からの補助金などの営業外収益を5億3,762万3千円(全体の67.3%)、そのほか特別利益を749万7千円(全体の0.9%)計上し、その総額は7億9,898万9千円となりました。一方、収益的支出には、下水道施設の維持管理費、これに係る人件費、流域下水道施設の維持管理負担金や下水道施設の減価償却費などの営業費用を6億5,174万6千円(全体の90.0%)計上したほか、下水道施設を建設した際に借り入れた企業債の利息などの営業外費用を5,670万3千円(全体の7.8%)、そのほか特別損失などを1,568万1千円(全体の2.2%)計上し、その総額は7億2,413万円となりました。

○ 収益的収入の予定額

区分

令和4年度 令和3年度 増減額 増減率

営業収益

253,869千円 253,107千円 762千円

0.3%

営業外収益

537,623千円 594,878千円 △57,255千円 △9.6%

特別利益

7,497千円 1,480千円 6,017千円 406.6%

収益的収入合計

798,989千円 849,465千円 △50,476千円 △5.9%

○ 収益的支出の予定額

区分

令和4年度 令和3年度 増減額 増減率

営業費用

651,746千円 675,990千円 △24,244千円 △3.6%

営業外費用

56,703千円 57,400千円 △697千円 △1.2%

特別損失

14,681千円 134千円 14,547千円 10,856.0%

予備費

1,000千円 1,000千円 0千円 0.0%

収益的支出合計

724,130千円 734,524千円 △10,394千円 △1.4%
  • 収益的収入及び支出の内訳

収益的収入の円グラフ収益的支出の円グラフ

下水道使用料の推移


令和4年度(2022年度)の下水道使用料の当初予算計上額は2億5,017万9千円で、前年度の当初予算計上額の2億5,106万3千円と比較して88万4千円(0.4%)の減となりました。また、過去10年間の下水道使用料の当初予算計上額の推移は、次のようになっています。

  • 下水道使用料の当初予算計上額の推移

下水道使用料の推移の棒グラフ

  1. 令和元年度(2019年度)以前の下水道使用料は、滞納繰越分を除いてあります。
  2. 令和元年度(2019年度)以前の下水道使用料は、現金主義に基づき算定したものです。

資本的収入及び支出

令和4年度(2022年度)の資本的収入には、下水道施設の建設改良費や企業債の元金償還金の財源として、国や一般会計からの補助金や負担金のほか企業債の借入予定額を計上し、その総額は1億6,919万4千円となりました。一方、資本的支出には、下水道施設の建設改良費と企業債の元金償還金を計上し、その総額は4億1,814万9千円となりました。

○ 資本的収入の予定額

区分

令和4年度 令和3年度 増減額 増減率

企業債

102,500千円 134,900千円 △32,400千円 △24.0%

他会計補助金

40,262千円 32,908千円 7,354千円 22.3%

補助金

25,000千円 59,000千円 △34,000千円 △57.6%

負担金

1,432千円 17,491千円 △16,059千円 △91.8%

資本的収入合計

169,194千円 244,299千円 △75,105千円

△30.7%

○ 資本的支出の予定額

区分

令和4年度 令和3年度 増減額 増減率

建設改良費

130,978千円 210,132千円 △79,154千円 △37.7%

企業債償還金

287,171千円 298,067千円 △10,896千円 △3.7%

資本的支出合計

418,149千円 508,199千円 △90,050千円 △17.7%
  • 資本的収入及び支出の内訳

資本的収入の円グラフ資本的支出の円グラフ

資本的収支の財源不足の補てん財源


資本的収入の1億6,919万4千円から資本的支出の4億1,814万9千円を差し引くと2億4,895万5千円の財源不足が生じますが、この財源不足は、次のように補てんします。

○ 資本的収支の財源不足の補てん財源

補てん財源

金額

当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額

4,209千円

減債積立金

57,722千円

当年度分損益勘定留保資金

122,679千円

繰越利益剰余金処分額

60,024千円

当年度利益剰余金処分額

4,321千円

補てん財源合計

248,955千円

 

主な建設改良事業


令和4年度(2022年度)の当初予算で計画している主な建設改良事業は、次のとおりです。

  • 汚水枝線整備工事
    汚水管きょを布設し、公共下水道(汚水)の使用可能区域を拡大します。
    • 整備予定延長 L=0.26km
  • マンホール蓋交換工事
    建設から年数が経過し、老朽化したマンホール蓋を交換します。
    • 交換予定箇所 40か所

企業債の残高

令和4年度(2022年度)は、企業債を1億250万円借り入れる一方、前年度以前に借り入れた企業債のうち2億8,717万1千円を償還します。この結果、令和4年度末(2022年度末)時点の企業債の残高は、前年度末の残高(見込み)の38億1,016万6千円から1億8,467万1千円減少し、36億2,549万5千円となる見込みです。

  • 企業債現在高の推移

企業債現在高の推移の棒グラフ

予定キャッシュ・フロー計算書と予定貸借対照表

令和4年度(2022年度)の当初予算を計画どおりに執行した場合の当年度の予定キャッシュ・フロー計算書と当年度末の予定貸借対照表は、次のようになります。

○ 予定キャッシュ・フロー計算書(令和4年4月1日~令和5年3月31日)

業務活動によるキャッシュ・フロー

174,597千円

投資活動によるキャッシュ・フロー

△60,075千円

財務活動によるキャッシュ・フロー

△184,671千円

資金増加額または減少額

△70,149千円

資金期首残高

71,239千円

資金期末残高

1,090千円

○ 予定貸借対照表(令和4年度末)

固定資産 12,105,399千円 負債合計 11,361,861千円
(△334,419千円) (△472,404千円)
流動資産 46,913千円 (うち企業債) 3,625,495千円
(△61,992千円) (△184,671千円)
(うち現金・預金) 1,090千円 資本合計 790,451千円
(△70,149千円) (+75,993千円)
資産合計 12,152,312千円 (うち利益剰余金) 339,800千円
(△396,411千円) (+70,618千円)
  1. (  )内は、前年度末(見込み)からの増減額です。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。
※3このアンケートの具体的なご意見に対して回答はしておりません。
 お問い合わせについては、「この記事に関するお問い合わせ先」欄の担当課へ電話連絡していただくか、メールでお問い合わせください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)