ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 健康増進課 > 未熟児養育医療制度

未熟児養育医療制度

印刷用ページを表示する更新日:2018年3月15日更新 <外部リンク>

 身体の発育が未熟なままで生まれ、入院して養育する必要があると医師が認めた赤ちゃんを対象として、その治療に必要な医療費を助成する制度です。生まれてから1ヶ月以内、退院をされる前に申請してください。

1.申請対象

 赤ちゃんが市内に住所を有し、養育医療の対象となる未熟児であると認められること。

2.助成方法

 養育医療券の交付申請を行い、養育医療券の交付を受けてください。養育医療券を医療機関の窓口に健康保険証と一緒に提示することで、保険診療の一部負担額を一旦、市が全額を負担します。保護者の医療機関での支払は、おむつ代・差額ベッド代等の保険対象外分のみとなります。

3.自己負担金

 養育医療の自己負担金は保護者の所得税額に応じて決定されます。
 なお、「子ども医療費助成制度」において、養育医療の自己負担金部分が助成対象となります。

4.申請書類

 生まれてから1ヶ月以内、退院をされる前に申請してください。申請に必要な書類は以下(1)から(5)及び、最新の所得税額を証明する書類、赤ちゃんの健康保険証、印鑑が必要になります。

  1. 申請書
  2. 養育医療意見書
  3. 世帯調書
  4. 申請者及び配偶者・子どもの個人番号(マイナンバー)がわかるもの
  5. 申請者の本人確認ができるもの(個人番号カード、運転免許証、パスポート等)

5.申請事項に変更が生じた場合

申請した事項に変更があった場合は、届け出が必要となります。

  • 医療機関を変更する場合
  • 市内で住所が変わった場合
  • 健康保険証の内容が変わった場合
  • 世帯構成や所得税が変わった場合
  • 市外へ転出する場合

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)