ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 学校給食センター > 学校給食用食材の放射性物質検査を実施しています

学校給食用食材の放射性物質検査を実施しています

印刷用ページを表示する更新日:2021年5月7日更新 <外部リンク>

 学校給食に使用する食材は、市場に流通している安全なものだけを使用しています。
 保護者の皆さまに、より安心していただくため、食材の放射性物質検査を実施しています。

学校給食用食材の検査結果

令和3年度

検査日 品目 産地 結果(Bq/kg)
セシウム134 セシウム137
             令和3年5月6日 たまねぎ 千葉県 不検出 不検出
令和3年4月22日 人参 八街市 不検出 不検出
令和3年4月15日 小松菜 八街市 不検出 不検出

令和3年4月8日

長ねぎ 八街市 不検出 不検出

※ 「不検出」とは、放射性物質が存在しないか、検出下限値未満であることを示しています。

 

  1. 検査対象食材
    学校給食に使用予定の一般食品(基準値100Bq/kg)
  2. 検査項目
    放射性セシウム134・放射性セシウム137
  3. 検査方法
    毎週木曜日に、翌日の学校給食に使用する食材のうち1品目を検査します。
    NaI(Tl)シンチレーションスペクトロメータによるスクリーニング検査
    (検出下限値10Bq/kg以下)
  4. 検査の基準値及び対応
    検査の結果、国が定めた基準値を超えた食材については使用しません。
  5. 検査結果
    学校給食用食材の検査結果

(参考)厚生労働省による食品中の放射性セシウムの基準値

食品群 基準値
一般食品 100Bq/Kg
乳幼児食品 50Bq/Kg
牛乳 50Bq/Kg
飲料水 10Bq/Kg

 

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)