ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 農業委員会事務局 > 農業者年金保険料の確定申告について

農業者年金保険料の確定申告について

印刷用ページを表示する更新日:2020年2月7日更新 <外部リンク>

農業者年金の保険料は、「全額」が社会保険料の控除対象です!

平成31年1月~令和元年12月までに納付した農業者年金保険料は、「全額」が社会保険料控除の対象です。

確定申告をすることにより、所得税と住民税が軽減されます。確定申告をお忘れなく!

 

※農業者年金は、(「前納付」以外は)翌月払いです。例えば、平成30年12月分は、翌月の平成31年1月に口座から引き落としされ、控除対象となります。ご注意ください。

※生計を一にする配偶者、その他の親族の保険料を負担した場合も控除の対象となります。

※前納付で保険料を納付(令和元年12月23日納付)された方は、令和元年または令和2年のどちらかの年を選択して確定申告することができます。

控除額の確認方法

農業者年金の支払い口座の通帳を記帳し、平成31年1月~令和元年12月までに納付した額をご確認ください。

農業委員会にお越し頂ければ、その場で納付額が分かる書類をお渡しいたします。

※公的な証明ではありません

また、JAちばみらい八街支店でも、保険料額を確認することができます。

※確定申告には、保険料支払証明書の添付は必要ありません。確定申告書に保険料額を記入するだけで申告できます。(所得税法第120条第3項第1号、所得税法施行令262条第1項第2号)

ご不明な点がございましたら、農業委員会までお問い合わせください。また、メリットの多い年金ですので、ご加入もぜひご検討ください。