ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 企画政策課 > 「令和4年就業構造基本調査」を実施します

「令和4年就業構造基本調査」を実施します

印刷用ページを表示する更新日:2022年8月10日更新 <外部リンク>

令和4年就業構造基本調査<外部リンク>

就業構造基本調査とは

 就業構造基本調査は、「統計法」(国の統計に関する基本的な法律)に基づき5年ごとに実施する国の重要な統計調査です。
 正規・非正規雇用者の就業状況の違いや高齢層・若年層の就業状況、育児・介護と就業の関係など調査し、その結果は雇用施策や経済施策などの企画・立案のための基礎資料として活用されます。

調査の期日

令和4年10月1日

調査の地域

令和2年国勢調査の調査区のうち、総務大臣の指定する調査区

調査の対象

調査区内に居住する世帯のうち、統計理論に基づく方法によって無作為に選ばれた世帯(15歳以上の世帯員)

主な調査事項

○すべての人について
 男女の別、出生の年月、教育の状況、育児・介護の有無など
○ふだん仕事をしている人について
 雇用契約期間、仕事内容、1週間の就業時間、現職に就いた理由など
〇ふだん仕事をしていない人について
 就業希望の有無、希望する職種、求職活動の有無など

就業構造基本調査の流れ

(1)8月下旬頃から、調査員が調査対象となる地域を確認し、すべての世帯を訪問して事前のご案内リーフレットを配付します。
(2)9月下旬頃に、調査対象に選ばれた世帯を調査員が再訪問し、調査票などの書類を配布しますので、調査票のご記入をお願いいたします。
※インターネット回答、紙の調査票を郵送または調査員への提出から、回答方法を選択いただけます。
 パソコンやスマートフォンを使って簡単に回答することができます。

調査員について

〇就業構造基本調査の調査員は、非常勤の地方公務員として千葉県知事が任命します。
〇調査員は必ず、写真入りの「調査員証」を携行しています。
 「調査員証」には「千葉県知事 熊谷 俊人」と標記されています。
〇調査員には、厳格な守秘義務が課されています。

個人情報は厳重に保護されます

〇就業構造基本調査により集められた調査票の回答内容は、統計法によって厳重に保護されています。
〇インターネット上のデータの送受信は、盗み見等を防ぎ、安全な通信を行うために、TLS1.2による暗号化通信を行っています。
〇調査に従事する者(調査員、地方公共団体の職員など)には、統計法により厳格な守秘義務が課されており、守秘義務違反があった場合の罰則も定められています。