ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 健康増進課 > 災害時等における助産師による支援活動協力に関する協定を締結しました

災害時等における助産師による支援活動協力に関する協定を締結しました

印刷用ページを表示する更新日:2021年6月1日更新 <外部リンク>

令和3年4月28日、一般社団法人千葉県助産師会と「助産師による支援活動協力に関する協定」を締結しました。

協定の概要

八街市に災害の発生、または発生するおそれがある場合に、千葉県助産師会と連携し、妊産婦や乳幼児が安全で安心できるように支援活動を行うために必要な事項を定めるものです。
支援活動に協力いただく内容は、次のとおりです。
(1)妊産婦等に対する健康診断等の巡回相談並びに心身のケア
(2)妊産婦等に対する病院・助産院への転送の要否の決定
(3)転院困難な妊産婦等への処置
(4)その他必要とする業務

背景

近年、大規模な災害が立て続けに発生しています。令和元年の台風15号では本市も大きな被害がありました。
災害により、避難生活を送るなど、日常生活が大きく変化し、安全や安心が守れない環境におかれてしまいます。心身ともにストレスの多い生活は健康にも影響を及ぼします。また、「ストレスで母乳が止まってしまった。」「赤ちゃんが泣くので避難所に居づらい。」などの声も聞かれます。
市ではこのような状況を少しでも改善し、災害時においても妊産婦や乳幼児が安心して生活できる環境を目指して、千葉県助産師会に支援活動の協力をお願いいたしました。母子に対してきめこまやかに対応する助産師活動が、災害時の母子の大きな支えになっていけただけるものと期待しています。

締結式を終えて

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。
※3このアンケートの具体的なご意見に対して回答はしておりません。
 お問い合わせについては、「この記事に関するお問い合わせ先」欄の担当課へ電話連絡していただくか、メールでお問い合わせください。