ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 健康増進課 > 新型コロナウイルスに関連した肺炎について

新型コロナウイルスに関連した肺炎について

印刷用ページを表示する更新日:2020年3月27日更新 <外部リンク>

 新型コロナウイルスに関連した肺炎(新型コロナウイルス感染症)が、中華人民共和国湖北省武漢市を中心に発生しており、日本国内でも複数の患者が報告されています。

お知らせ(八街市新型コロナウイルス感染症対策本部から)

3月26日、1都4県の知事から共同メッセージが発表されましたのでお知らせします。

3月25日、八街市新型コロナウイルス感染症対策本部会議において、4月17日(金曜日)までに市が開催するイベント等は、中止または延期することを決定いたしました。

八街市内では、感染者は確認されていませんが、千葉県内での感染者が増加傾向にあることから判断したものです。

市民の皆さまにおかれましては、引き続き、手洗いや咳エチケット、人混みを避けるなどの感染症対策を徹底してください。

 

3月5日、八街市新型コロナウイルス感染症対策本部会議において、3月末までに市が開催するイベント等は、中止または延期することを決定いたしました。中止または延期したイベント等は、次のとおりです。(3月19日現在)

行事等一覧 [PDFファイル/132KB]

 

2月27日 八街市新型コロナウイルス感染症対策本部会議において、次のとおり決定いたしました。

(1) 国は、この1、2週間が感染拡大防止に極めて重要であると示していることから、本市においても、国及び県の対応に準じて、新型コロナウイルス感染症対策を更に進めてまいります。

(2) 市が主催する、多数の方が集まるようなイベント等については、大規模な感染リスクがあることを考慮し、今後2週間程度は、中止、延期または規模を縮小します。

市民の皆さまのご理解ご協力をお願いいたします。

市民の皆さまへのメッセージ  令和2年2月20日

 八街市では、令和2年2月3日に新型コロナウイルス感染症対策本部を設置して、対策にあたるとともに、情報収集及び市民の皆さんへの情報提供に努めております。

 市民の皆さんにおかれては、風邪や季節性インフルエンザ対策と同様に、お一人お一人が咳エチケットや手洗いなどを実施して感染症対策に努めてくださるようお願いいたします。

 発熱等の風邪症状が見られるときは、学校や仕事を休み、外出を控えてください。

 また、2月19日には、本部会議において次のとおり決定しましたのでお知らせいたします。

 (1) 本市が主催する、不特定多数の者が集まる行事及び、重症化しやすいとされる高齢者や基礎疾患等のある方が参加する行事は、原則中止または延期とします。

 (2) 現段階では、公立の幼稚園、保育園、小・中学校の卒業式及び卒園式は、感染症対策(※)を徹底したうえで予定どおり開催します。

 (3) 各種団体等や地域が主催する行事の開催は、主催者の判断に委ねますが、開催する場合は感染症対策(※)を徹底するようお願いいたします。

 (4) 引き続き、様々な方法を活用した情報収集及び、市民の皆さんへの情報提供に努めてまいります。

 (5) (1)及び(3)につきましては、期限を定めず、状況の変化に応じて変更する場合があります。

 (※)感染症対策:参加者にマスクの着用を促す。

          会場入口で手指のアルコール消毒を行う など。

 

八街市新型コロナウイルス感染症対策本部本部長

八街市長  北村 新司

お願い(日常生活で気をつけること)

(1) まずは手洗いが大切です。外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などにこまめに石けんやアルコール消毒液などで手を洗いましょう。

(2) 咳などの症状がある方は、咳やくしゃみを手で押さえると、その手で触ったものにウイルスが付着し、ドアノブなどを介して他の方に病気をうつす可能性がありますので、咳エチケットを行ってください。

(3) 換気が悪く、人が密に集まって過ごすような空間集団で集まることを避けてください。

(4)イベントを開催する方々は、風通しの悪い空間や、人が至近距離で会話する環境は、感染リスクが高いことから、その規模の大小にかかわらず、その開催の必要性について検討するとともに、開催する場合は、風通しの悪い空間をなるべく作らないなど、イベントの実施方法を工夫してください。

 

新型コロナウイルスの集団感染を防ぐために [PDFファイル/557KB]

※政府や千葉県が発信する最新の情報をご確認ください。

相談・受診の目安

1 相談・受診の前に心がけていただきたいこと

○ 発熱等の風邪症状が見られるときは、学校や会社を休み外出を控える。

○ 発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録しておく。

 

2 帰国者・接触者相談センターに相談する目安

○ 次の症状がある方は「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。

 (1)風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続いている。

 (解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます。)

 (2)強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。

○ なお、以下のような方は重症化しやすいため、この状態が2日程度続く場合にはご相談ください。

 (1)高齢者

 (2)糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)の基礎疾患がある方

 (3)透析を受けている方

 (4)免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方

○ 妊婦の方

 念のため、重症化しやすい方と同様に、早めにご相談ください。

○ お子様をお持ちの方

 小児については、現時点では重症化しやすいとの報告はないので、目安どおりの対応をお願いします。

○ なお、現時点では新型コロナウイルス感染症以外の病気の方が圧倒的に多い状況であり、インフルエンザ等の心配があるときには、通常と同様に、かかりつけ医にご相談ください。

 

3 相談後、医療機関にかかるとき

○ 帰国者・接触者相談センターから受診を勧められた医療機関を受診してください。

  複数の医療機関を受診することはお控えください。

○ 医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖を使って、口や鼻を押さえる)の徹底をお願いします。また、公共交通機関の利用は避けてください。

帰国者・接触者相談センター

 発熱や呼吸器症状がある方は、医療機関(帰国者・接触者外来(※))を受診すべきかどうかなどの対応を相談できます。

 ※新型コロナウイルスの感染が疑われる人が受診できる体制が整った外来がある医療機関

 

平日

(電話番号)043-483-1466 印旛健康福祉センター(保健所)

(受付時間)午前9時~午後5時

平日、土曜日、日曜日、祝日

(電話番号)0570-200-613(千葉県庁)

(受付時間)24時間

平日、土曜日、日曜日、祝日の午後5時から翌日の午前9時まで

(電話番号)043-483-1466 印旛健康福祉センター(保健所)

※コールセンター対応等となります。

相談窓口

◎感染の予防に関すること、心配な症状が出たときの対応など

  千葉県庁

(電話番号)0570-200-613

(対応時間)24時間(土日・祝日を含む)

  印旛健康福祉センター(保健所)

(電話番号)043-443-1466

(対応時間)午前9時~午後5時(土日・祝日を除く)

  厚生労働省

(電話番号)0120-565653(フリーダイヤル)

(対応時間)午前9時~午後9時(土日・祝日を含む)

(Fax)03-3595-2756

 

◎働く方と経営者への支援

 厚生労働省ホームページ、または、経済産業省ホームページをご覧ください。

リンク集

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。
※3このアンケートの具体的なご意見に対して回答はしておりません。
 お問い合わせについては、「この記事に関するお問い合わせ先」欄の担当課へ電話連絡していただくか、メールでお問い合わせください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)