ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 国保年金課 > 糖尿病性腎症重症化予防事業

糖尿病性腎症重症化予防事業

印刷用ページを表示する更新日:2021年10月1日更新 <外部リンク>
 令和3年度から、糖尿病性腎症の重症化による人工透析への移行を防ぐため、国民健康保険加入者を対象とした『糖尿病性腎症重症化予防事業』として「受診勧奨」と「保健指導」を実施しています。

 本事業は下記の事業者に委託して実施します。
 ●令和3年度委託事業者
  株式会社日本サポートサービス
    住所:〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-9 駿河台フジヴュービル
    電話番号:0120-315-556(通話料無料)
    受付:平日9時00分~17時00分

受診勧奨

 委託事業者の保健師や管理栄養士から、お手紙やお電話で医療機関受診のご案内をします。
 ※医療機関を受診した際の検査・治療にかかる費用は、健康保険適用による自己負担となりますので、あらかじめご了承ください。
○対象となる方
 ”令和3年9月13日現在40歳以上の八街市国保加入者で”
 ・2型糖尿病の診断をされたことがなく、令和2年度の特定健診の結果、糖尿病および糖尿病性腎症が疑われる方
 ・診療報酬明細(レセプト)から、糖尿病の治療が中断している可能性がある方

※対象となる方へ、令和3年10月15日にお手紙を発送。
○お電話での受診勧奨の実施時期
 ・第1回電話勧奨 令和3年11月1日~
 ・第2回電話勧奨 令和4年1月17日~

保健指導(糖尿病重症化予防プログラム)

○対象となる方
 ”令和3年9月13日現在40歳以上の八街市国保加入者で”
 ・2型糖尿病の診断をされたことがなく、令和2年度の特定健診の結果、糖尿病および糖尿病性腎症が疑われる方
 ・診療報酬明細(レセプト)から、糖尿病の治療が中断している可能性がある方

※対象となる方へ、令和3年9月21日にお手紙を発送。
○保健指導の内容
 委託業者の保健師や管理栄養士が6か月間サポートします。
 (1)面談をします。
  生活状況や通院状況を確認し、生活習慣の改善の取り組みを一緒に考えます。
 (2)お手紙・お電話でサポートします。
 (3)結果を確認します。
  6か月間の取り組みの成果を一緒に確認し、これからの生活習慣について助言します。
 ※保健指導の利用料は無料です。

○保健指導の申込期限
 令和3年10月4日(月曜日)まで

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。
※3このアンケートの具体的なご意見に対して回答はしておりません。
 お問い合わせについては、「この記事に関するお問い合わせ先」欄の担当課へ電話連絡していただくか、メールでお問い合わせください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)