ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 国保年金課 > 個別特定健診(医療機関で受ける個別健診)が今年度からはじまります

個別特定健診(医療機関で受ける個別健診)が今年度からはじまります

印刷用ページを表示する更新日:2021年5月1日更新 <外部リンク>

個別特定健診の対象者

八街市国民健康保険に加入している方で、令和4年3月31日時点で40歳から74歳になられる方

自己負担額

1,000円(集団特定健診と同額です。)

実施期間

8月1日から10月31日まで ※医療機関の休診日には受診できません。

受診方法

1. 受診を希望する実施医療機関に予約をしてください。

2. 予約した実施医療機関に下記の持ち物を持っていき、受診してください。

※予約開始日等は、医療機関により異なります。添付の個別特定健診実施医療機関一覧をご覧ください。

実施医療機関

個別特定健診実施医療機関一覧 [PDFファイル/60KB]

個別特定健診FAX申込書[Excelファイル/22KB] [PDFファイル/71KB]

検査項目

・問診、質問項目
・身体測定(身長、体重、BMI、腹囲)
・理学的検査(身体診察)
・血圧測定
・脂質検査(HDLコレステロール、中性脂肪、LDLコレステロール)
・肝機能検査(AST(GOT)、ALT(GPT)、ガンマ-GT(ガンマ-GTP))
・血糖検査(空腹時血糖または随時血糖、Hba1c)
・腎機能検査(クレアチニン、尿酸、e-GFR)
・貧血検査(赤血球数、血色素量、ヘマトクリット値)
・尿検査(糖、タンパク)
・心電図(医師の判断に基づいて実施する検査項目で、実施できない医療機関もあります)
・眼底検査(医師の判断に基づいて実施する検査項目で、実施できない医療機関もあります)

持ち物

1. 特定健康診査受診票

2. 健康チェック票

3. 八街市国民健康保険証

4. 健診自己負担金の1,000円

5. 尿検査容器(健診当日採尿したもの)

受診時の注意事項

• 受診前日の夕食は午後9時頃までに済ませましょう。
• 当日は、朝食を食べずに受診してください。
• 受診する医療機関に注意事項をよくご確認ください。
• 健診を受診するときは、マスクを着用してください。健康チェック票を必ず記入してください。
• 1~3に該当する方は、健診を見合わせ、体調を整えてからの受診をお願いいたします。
 1. 発熱等のかぜ症状・倦怠感・消化器症状がある方
 2. 味覚・嗅覚に異常がある方
 3. 3週間以内に、新型コロナウイルスの患者やその疑いがある方との接触歴がある方

結果通知と特定保健指導について

 結果は約1か月後に実施医療機関から受け取ります。
・健診でメタボリックシンドロームのリスクがあると判定された方には、後日特定保健指導の案内を送付します。
・特定保健指導の対象とならなかった方で、健診後の生活習慣改善についての相談をご希望の方は、国保年金課の結果相談会をご利用ください。(くわしくは後日お知らせします。)

 

 

※新型コロナウイルス感染症の影響等により、健診を中止する場合があります。
※受診日当日に、国保の資格を喪失している場合は受診することができません。
※重複受診(個別特定健診・人間ドック・集団特定健診)はできません。
 年度内に、( )内のいずれか1回のみのご利用となります。
※重複受診が判明した場合は公費負担分を返金していただきます。
※届出日にかかわらず、さかのぼって転出や社会保険等への加入が受診後に判明した場合も公費負担分を返金していただきます。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。
※3このアンケートの具体的なご意見に対して回答はしておりません。
 お問い合わせについては、「この記事に関するお問い合わせ先」欄の担当課へ電話連絡していただくか、メールでお問い合わせください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)