ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 国保年金課 > 国民健康保険税の減免制度、徴収猶予制度

国民健康保険税の減免制度、徴収猶予制度

印刷用ページを表示する更新日:2019年9月26日更新 <外部リンク>

国民健康保険税の減免制度、徴収猶予制度

災害等の影響により、住宅等が半壊以上の被害を受けた方や、農作物に多大な被害を受けた方は、国民健康保険税の減額措置を受けられる場合があります。
また、災害等により、財産に被害を受けるなど一定の要件に該当し、保険税を一時的に納付することができないと認められるときは、徴収を猶予する制度があります。
減額措置については国保年金課(2番窓口)、徴収猶予については納税課(5番窓口)にご相談ください。

必要書類

・罹災証明書(全壊、大規模半壊、半壊)等、損害割合のわかるもの
・農作物の被害額を証明する書類等
・補てんされた金額のわかる書類(保険金支払通知書等)

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。
※3このアンケートの具体的なご意見に対して回答はしておりません。
 お問い合わせについては、「この記事に関するお問い合わせ先」欄の担当課へ電話連絡していただくか、メールでお問い合わせください。