ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 国保年金課 > 8月1日から国民健康保険の被保険者証が新しくなりました

8月1日から国民健康保険の被保険者証が新しくなりました

印刷用ページを表示する更新日:2019年8月8日更新 <外部リンク>

8月1日より、被保険者証と高齢受給者証が一体となった被保険者証を交付しています。

70歳以上の該当する方には、右下に一部負担割合が記載されています。

なお、このことにともない、8月からは高齢受給者証の交付はありません。

有効期限は、後期高齢者医療制度への移行や65歳到達にともなう退職者医療制度の脱退、70歳到達に

ともなう一部負担金が記載された被保険者証との切り替えなどにより、個人によって異なります。

 

被保険者証兼高齢受給者証みほん

被保険証のイメージ

 

被保険者証について
1.有効期限 令和2年7月31日
次の方は有効期限が異なります。
 ・満75歳になる方 満75歳の誕生日の前日
 ・満70歳になる方 満70歳の誕生月の末日(1日生まれの方は誕生月の前月末)

 ・被保険者証に【退職本人】【退職扶養】と入ってる方
 で満65歳になる方

満65歳の誕生月の末日(1日生まれの方は誕生月の前月末)

 ・被保険者証に【退職扶養】と入ってる方で
 【退職本人】が満65歳になる方

【退職本人】と同日
2.被保険者証の色 藤色(うすい紫色)
3.平成30年度の被保険者証(ピンク色)について

8月1日以降、細かく切って破棄してください。

4.次の場合、届出が必要です。

・職場の保険に加入した(扶養に入った場合も含みます)とき。
・住所が変わったとき。
・氏名が変わったとき。
・世帯主が変わったとき。

 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。