ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > パスポート > 令和元年台風15号・台風19号・10月25日大雨により有効なパスポートを紛失、損傷した方の旅券手数料を一部免除します

令和元年台風15号・台風19号・10月25日大雨により有効なパスポートを紛失、損傷した方の旅券手数料を一部免除します

印刷用ページを表示する更新日:2020年2月6日更新 <外部リンク>

対象者

 令和元年台風15号・台風19号・10月25日大雨により千葉県内において被災し、被災を原因として有効な一般旅券を紛失または損傷した方で、その旅券に記載されていた有効期限満了日までに、千葉県内において新たな一般旅券の発給申請をする(またはした)方

対象となる申請

  • 紛失による一般旅券発給申請(10年用または5年用)
    ※紛失等届出書を提出した後に一般旅券発給申請を行う場合や、旅券申請時に紛失旅券の記載事項が変更になっている場合も対象になります。
  • 損傷による一般旅券発給申請(10年用、5年用または記載事項変更用)
    ※残存有効期間が1年未満の場合でも、被災を原因とする損傷を理由に旅券を切り替える場合や、旅券申請時に損傷旅券の記載事項が変更になっていて訂正新規申請をする場合も対象となります。

 ※免除対象となる一般旅券発給申請と同時に査証欄の増補申請があった場合、増補申請に係る手数料は免除の対象となりません。

手数料免除の申請期限

 令和2年3月31日 火曜日 まで

 ※すでに納付された申請に係る免除については還付します。

免除する手数料

 一般旅券の発給手数料のうち、使用料及び手数料条例第3条の別表第一に定める額(千葉県収入証紙分 2,000円)

 ※国に納付する手数料(収入印紙分)は免除対象外となります。

申請に必要な書類

  • 通常の発給に必要な書類一式
  • 減免申請書(市民課窓口にあります)
  • り災証明書(原本)
    (窓口で原本を確認のうえ、写しをとり、原本は返却します)
  • 印鑑(申請者が減免申請書に自署する場合は省略可)

その他注意事項

  • 損傷旅券は、他の書類が汚れないよう、任意の袋(古封筒やビニール袋など)に入れ、袋が誰のものか分かるように名前を記載してください。
  • すでに納付された申請に係る免除による還付については、市民課窓口にお問い合わせください。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。
※3このアンケートの具体的なご意見に対して回答はしておりません。
 お問い合わせについては、「この記事に関するお問い合わせ先」欄の担当課へ電話連絡していただくか、メールでお問い合わせください。