ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
やちまた子育て応援サイト > ひとり親家庭等医療費等助成制度

ひとり親家庭等医療費等助成制度

印刷用ページを表示する更新日:2018年11月19日更新 <外部リンク>

ひとり親家庭等医療費等助成制度とは

 次の助成要件に該当する方で、18歳に達する日以後の3月31日までの児童を扶養している父または母、もしくは、父母に代わって児童の扶養をしている方に対して医療費などの一部を助成する制度です。
 対象となる児童や児童を養育している父または母、もしくは、父母に代わって児童を養育している方が医療機関を受診した際などに負担する医療費、調剤費及び診療・調剤報酬証明手数料の一部を助成します。

助成要件

  1. 離婚した方、または配偶者と死別した方で、現在も婚姻をしていない方
  2. 配偶者の生死が引き続き一年以上明らかでない方
  3. 配偶者から引き続き一年以上遺棄されている方
  4. 配偶者が重度(国民年金の障害等級1級程度)の障害にある方
  5. 配偶者が法令により、引き続き一年以上拘禁されている方
  6. 婚姻によらないで父または母になった方で、現在も婚姻していない方
  7. DV防止法による保護命令を受けている方

※次の方は、助成することができません。
医療保険に加入していない方

助成額

  • ひと月に病院などの医療機関の窓口で支払った保険適用分の医療費等について、受診者別に一部を助成します。
  • 健康保険などから支給される付加給付分は、助成額から除きます。
    (付加給付等証明書の添付が必要です。)
  • 証明手数料は、200円を限度として助成します。
  • 申請期限は医療費を支払った月の翌月の1日から2年以内となります。申請期限を過ぎた領収書は助成対象外となります。

自己負担額

※入院 食事療養費標準負担額等
通院 1件につき 1,000円
調剤 1件につき 1,000円

所得制限

 この制度には、所得による助成制限があります(受給者本人および扶養義務者)。次の所得制限限度額表から所得制限額をご確認ください。

所得制限限度額表 (単位:円)
扶養人数 母子家庭の母・父子家庭の父等 扶養義務者(同居の親族)
所得額 所得額
0 1,920,000円 2,360,000円
1 2,300,000円 2,740,000円
2 2,680,000円 3,120,000円
3 3,060,000円 3,500,000円
4 3,440,000円 3,880,000円
5 3,820,000円 4,260,000円

※本人及び同居の親族の方が審査の対象となります。

マイナンバー独自利用事務の情報連携に係る届出事項の公表について

 ひとり親家庭等医療費等の助成に関する事務についてもマイナンバーを活用(独自利用)し、情報連携を行っています。

独自利用事務の名称 「八街市ひとり親家庭等医療費等の助成に関する条例(平成4年条例第14号)による助成金の支給に関する事務」
独自利用に係る条例 八街市行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律に基づく個人番号の利用及び特定個人情報の提供に関する条例[PDFファイル/71KB]
事務の根拠規範
個人情報保護委員会に提出した届出書

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)