旧石器時代
3万年前にはすでに人間が生活を営み始めており、縄文時代が始まるおよそ紀元前1万年までの期間を一般的に旧石器時代と呼び、定住地を持たない生活をしていたといわれています。
 八街市内では、榎戸小富遺跡(榎戸区)や一之綱1遺跡(住野区)・元駒場遺跡(住野区)などが確認されています。なかでも榎戸小富遺跡からは約2万5千年前と約1万5千年前の石器製作跡が発見されています。
縄文時代
 最初の縄文土器が作られたのはおよそ紀元前1万年ごろといわれ、紀元前300年までの約1万年の期間を縄文時代と呼び、狩猟・漁労・採集による定住型の生活へ移行していった時代といわれています。
 八街市内では、大きな石棒・石皿が出土した呉舞台遺跡(西林区)をはじめ、藤株遺跡(住野区)・麾拝塚遺跡(用草区)・榎戸第1遺跡(泉台区)などが確認されています。
弥生時代
 大陸より新たな道具と水稲栽培がもたらされた弥生時代以降、生活基盤が稲作へと変化したことで、人々は水稲栽培に適した平野の広がる河川の下流域に定住地を求めました。
縄文時代には、下総台地の内陸域である八街市内まで広がっていた集落も、弥生時代以降は減少し、現在のところ、八街市内からは弥生時代の遺跡は確認されていません。

古墳時代
 3世紀以降、畿内(京都府、大阪府、奈良県)に成立した勢力の拡大とともに、古墳(首長の墳墓)を築造する文化は全国的に広がっていきました。
 印旛郡市内では、古墳時代の始めには印旛沼を中心に集落が形成されていましたが、八街市では、5世紀に入ってようやく鹿島川水系中流域の用草宮ノ前遺跡(用草区)や高崎川水系中流域の藤株4遺跡(住野区)のような集落が形成されるようになりました。

鍛冶工房集落跡
〔滝台遺跡〕
石棺〔宮前古墳〕
宮前古墳
宮前古墳・麾拝塚古墳
 宮前古墳(夕日丘区)・麾拝塚古墳(用草区)は平成元年に発掘調査が行われました。古墳のほぼ全域が残っていた宮前古墳は、6世紀後半に築造されたホタテ貝式古墳で、長軸約30m短軸25mです。麾拝塚古墳は一部が削り取られていましたが、宮前古墳とほぼ同規模のホタテ貝式古墳と見られています。
 宮前古墳の主体部(遺体を埋葬した石棺)からは複数体の人骨や直刀・刀子・鉄鏃などの副葬品が出土し、周辺部からは7世紀以降の土器も出土していることから、数世代にわたって追葬が行われたことが確認されています。
 また、土壌分析の結果、主体部からは胡麻の花粉が検出されました。当時の東日本ではあまり栽培されていなかった胡麻の花が献花されていたと考えられ、埋葬された人の社会的地位の高さが想像できます。
奈良・平安時代
 天皇を中心とした勢力は古墳時代以降、地方の豪族らを吸収しながらその勢力を拡大し、奈良時代には唐の律令制度を取り入れた中央集権国家が確立し、全国に国、郡、里を設け、多層的な地方制度を定めていました。
 八街市内では、滝台遺跡(滝台区)が確認されています。昭和43年に発掘調査が行われ、集落の中に5軒の鍛冶工房の跡を確認し、鍛冶工房集落跡として保存されています。さらに、近接した滝沢遺跡(滝台区)からは国の重要文化財に指定されている銅印「山邊郡印」が出土していることから、当時の郡内では最も重要な集落の一つであったと考えられています。
『山邊郡印』
 昭和42年、山辺郡の公印とも呼ぶべき銅印「山邊郡印」が滝沢遺跡(滝台区)から出土しました。印影の書体から750〜760年代にかけて、藤原仲麻呂の政策によって鋳造されたものと想定され、昭和46年に国の重要文化財に指定されました。
 山辺郡とは上総国に属し、八街を源として太平洋に流れる「作田川」と、大網白里町から太平洋に流れる「南白亀川」に挟まれた地域一帯にあったとみられています。
山邊郡印
鎌倉・室町時代
 鎌倉幕府によって武家政治が始まる中世初頭、八街の地は延暦寺の鎮守日吉大社領の「白井荘」としてその名を見ることができます。これは平安時代末期に平氏の一族である白井氏が開発し、日吉大社(延暦寺)に領地を寄進したものと考えられています。
 白井荘は郷村名に塩古、世田(勢田)、岡田、用草、内田、高柳の名があることから、川上地区と佐倉市の南部にまたがっていたようです。
山邊郡印
日意上人布教の図
日蓮宗法宣寺
仏教の流布
 延暦寺の荘園であった白井荘では、南北朝時代の中ごろに大般若経の写経が鹿島川流域で行われ、貞治2(1363)年6月、白井荘の塩古六所宮に奉納されています。
 現在、大般若経の写経は神宮寺(神崎町)が所蔵し、県の指定文化財となっていますが、写経された教典には八街の地(字)名を数多く見ることができます。大般若経の写経は莫大な紙と墨を要するため、当時の白井荘では真言宗がかなりの勢力を持っていたものといえます。
 隆盛を極めた真言宗の寺院も、現在は、ほとんどが日蓮宗派となっており、塩古の地(根古谷区、岡田区など)には日蓮宗に関連する中世の伝承が残っています。
日蓮上人と「白馬ののろい」
 建長年間(約750年前)のころ、岡田村(岡田区)ではある一頭の白馬が行き倒れた後、さまざまな災厄が降りかかり、人々は「白馬ののろい」と恐れ、長年にわたって苦しめられていました。
 文永元(1264)年8月18日、伊豆に流されていた日蓮上人が、故郷の安房に帰る途中に、塩古の地を訪れ人々の苦しみを聞き、題目を唱えたところ、たたりがおさまり、村民たちは感謝し日蓮宗に帰依したといわれています。
法宣寺の建立日意上人の祈祷
 康正2(1456)年、根古谷城(根古谷区)城主の子息が難病にかかり、加持祈祷も効かず苦しんでいたところ、塩古の地を訪れた日蓮宗本土寺の日意上人は7日間にわたる祈祷を行い、妙符を与えたところ病が治癒したということです。根古谷城主はこれに感謝し、法宣寺(根古谷区)を建立したといわれています。
現在の野馬土手跡
市指定文化財 額絵馬(捕馬の図)
小間子牧捕込場跡

江戸時代

 江戸時代、下総では幕府直轄の馬牧場(牧)が営まれていました。
 戦国時代に南関東を掌握していた北条氏政が、下総を拠点としていた千葉氏に命じて、下総に牧を設置させたといわれており、その後、徳川家康によって引き継がれました。
 下総の牧は西側を小金牧、東側を佐倉牧として東西2つの牧に分けられ、牧を管理する「牧士」たちによって運営されていました。
 南北に伸びる佐倉牧は南から小間子・柳沢・高野・内野・取香・矢作・油田牧の7つに区分されて
いたため佐倉七牧と呼ばれ、現在の八街市から佐原市までに及んだ広大な牧に3,000頭以上の馬が放牧されていました。
 原野であった牧には馬の自生を促すために溜池や林などが設けられ、牧と周囲の村との境には馬の逃亡、田畑への侵入などを防ぐための「野馬土手・堀」が築かれました。
 「野付村」と呼ばれた牧周辺の村に住む人々は、牧士とともに牧場の見回りや行事、普請の人足を義務づけられていました。特に年に一度、馬を払い下げるために行われた「野馬捕り」は、各村々から多くの人足が借り出されました。
 牧野から追い込み、捕込場で捕らえられた馬は牧の焼印を押され、主に3歳の牡馬が競りにかけられました。野生馬を捕らえるという勇壮な光景は多くの見物客を呼び、庶民の娯楽でもあったようです。
 八街市内には、佐倉牧のうち、小間子牧と柳沢牧が所在していました。

徳川家康と御成街道
 徳川家康は鍛錬を目的として狩りを奨励し、自らも鷹狩りを行うため「御狩場」であった東金市までをつなぐ道として、慶長18(1
613)年に船橋市の船橋御殿から東金市の東金御殿までをほぼ一直線に結ぶ「御成街道」を造らせたといわれています。
 街道の造営は、命を受けた佐倉藩主の土井利勝が周囲96カ村の農民たちを動員し、昼夜を問わず突貫工事を行ったといわれ、現在も「提灯街道」や「一夜街道」など、これに由来する街道の別称が残っています。
 八街市内では、沖区でその当時の姿を残した御成街道跡を見ることができます。
市指定文化財
捕馬の図下絵
(夏見廻り)
市指定文化財
御成街道跡

<<Back   Next >>

Contents

Top