トップ > 市の財政 > 平成18年度財政状況等一覧

  平成18年度財政状況等一覧


団体名  八街市 
(百万円)
標準財政規模
(A)
臨時財政対策
債発行可能額
(B)
合計
(A)+(B)
11,319
705
12,024


1 一般会計及び特別会計の財政状況(主として普通会計に係るもの)
(百万円)
 
歳入
歳出
形式
収支
実質
収支
地方債
現在高
他会計からの
繰入金
備考
一般会計
17,978
17,412
567
531
23,319
85
基金から
830百万円繰入
学校給食センター
事業特別会計
758
748
10
10
226
340
 
普通会計
18,396
17,819
577
541
23,546
85
基金から
830百万円繰入

2 1以外の特別会計の財政状況
  (公営企業を含む公営事業会計に係るもの)
(百万円)
 
総収益
(歳入)
総費用
(歳出)
<法適用以外>
形式収支
純損益
(実質収支)
企業債
(地方債)
現在高
他会計からの繰入金
<法適用企業>
経常収支比率
<法適用企業>
不良債務
<法適用企業>
累積欠損金
備考
国民健康保険
特別会計
(歳入)
7,051
(歳出)
6,929
122
(実質収支)
122
404
基金から15百万円繰入
老人保健
特別会計
(歳入)
3,576
(歳出)
3,541
36
(実質収支)
36
342
 
介護保険
特別会計
(歳入)
2,350
(歳出)
2,257
93
(実質収支)
90
310
 
水道事業会計
1,150
1,075
75
2,661
187
107.1
119
法適用企業
下水道事業
特別会計
(歳入)
852
(歳出)
771
80
(実質収支)
37
4,523
398
 
(注) 1.法適用企業とは、地方公営企業法を適用している公営企業である。
2.法適用企業に係るもの以外のものについては、「総収益」「総費用」「純損益」の欄に、それぞれ「歳入」「歳出」「実質収支」を表示している。
3.不良債務及び累積欠損金は、正数で表示している。

3 関係する一部事務組合等の財政状況
(百万円、%)
 
歳入
(総収益)
歳出
(総費用)
<法適用以外>
形式収支
実質収支
(純損益)
地方債
(企業債)
現在高
当該団体の負担金割合
<法適用企業>
経常収支比率
<法適用企業>
不良債務
<法適用企業>
累積欠損金
備考
千葉県市町村総合事務組合(普通会計)
33,340
32,424
916
371
3
1.6
普通会計
千葉県市町村総合事務組合
(交通災害共済特別会計)
153
138
15
15
公営事業会計
印旛衛生施設管理
組合
773
757
17
17
3,096
38.3
 
佐倉市八街市酒々井町消防組合
4,249
4,189
60
60
2,961
26.3
 
印旛郡市広域市町村圏事務組合
(一般会計)
321
294
27
27
10.6
 
印旛郡市広域市町村圏事務組合
(一般会計)
(純収益)
3,757
(総費用)
3,394
(純損益)
363
7,705
110.7
65
法適用企業
繰出金36百万円
千葉県後期高齢者医療広域連合
40
35
5
5
0
1.2
 

4 第三セクター等の経営状況及び地方公共団体の財政的支援の状況
(百万円)
 
経常
損益
資本又は
正味財産
当該団体からの出資金
当該団体からの補助金
当該団体からの貸付金
当該団体からの債務保証に係る債務残高
当該団体からの損失補償に係る債務残高
備考
該当なし                
(注) 損益計算書を作成していない民法法人は「経常損益」の欄には当期正味財産増減額を記入している。

5 財政指数
財政力指数
0.69
実質収支比率
4.8
実質公債費比率
10.3
経常収支比率
91.2
(注) 実質公債費比率は、平成19年度の起債協議等手続きにおいて用いる平成16年度から平成18年度の3カ年平均である。