トップ > 市の財政 > 平成18年度決算(バランスシート)

  平成18年度決算(バランスシート)


 市の会計は、一般会計と特別会計の2種類に分かれています。 
 今回は、平成19年12月市議会定例会で認定された平成18年度決算のうち、市政運営の基本的な経費を計上する一般会計の状況とバランスシートの概要を中心にお知らせします。
         

一般会計の決算額 単位:千円



○一般会計
  平成18年度の歳入総額は179億7,833万4千円、歳出総額は174億1155万円で、歳入歳出差引総額5億6,678万4千円から、翌年度に繰り越した事業費に充てる財源3,583万8千円を除いた5億3,094万6千円が実質収支となりました。
【歳入】
 歳入総額は前年度に比べ3.6%の増で、うち自主財源は前年度比0.8%の増、依存財源は6.4%の増となりました。
 主な要因として、市税は前年度比0.6%の増で、歳入全体に占める割合は36.5%、地方交付税は前年度比0.1%の増で全体額の16.9%でした。また、市債は前年度比15.6%の増で全体額の12.1%となっています。
【歳出】
 歳出総額は前年度に比べ3.9%の増となりました。主な要因として、民生費は児童手当制度改正による増、衛生費はクリーンセンター焼却処理施設費の増、教育費は小学校費で教育用コンピュータ購入費が減となりましたが中学校費では八街中央中学校校舎改築工事費が増となり、前年度比22.0%の増で、歳出全体に占める割合は前年度15.0%から17.6%に増加しました。また、土木費では八街駅北側地区土地区画整理事業や都市計画道路3・4・9号整備事業が減となり、歳出全体に占める割合は前年度14.0%から13.4%に減少しました。
 なお、公債費は前年度比5.8%の増となり、歳出全体に占める割合は前年度10.4%から10.6%に増加しました。
○特別会計
 特別会計とは、国民健康保険や学校給食事業などの特定の事業を行うための会計と、水道や下水道事業など法律により独立採算を原則とする会計を言います。

特別会計の歳出決算額など
国民健康保険
うち保険給付費
69億2,869万3千円
44億3,148万2千円
老人保健
うち医療給付費など
35億4,083万3千円
34億3,699万6千円
介護保険
うち保険給付費
22億5,717万7千円
21億5,873万2千円
学校給食センター事業
給食実施日数
食数
7億4,806万8千円
最高193日
8,030食/日
下水道事業
水洗化人口
7億7,120万9千円
17,934人
水道事業
給水戸数
給水人口
13億4,352万5千円
13,223戸
 38,875人

平成18年度バランスシート(普通会計)
 普通会計とは、一般会計と学校給食センター事業特別会計を合わせたものです。

借方
全体(千円)
市民1人
当たり(円)
[資産の部]    
1.有形固定資産
52,808,573
695,692
 1.総務費
1,201,309
15,826
 2.民生費
2,776,958
36,583
 3.衛生費
7,802,241
102,785
 4.土木費
16,175,236
213,090
 5.教育費
24,028,957
316,554
 6.その他
823,872
10,854
2.投資等
4,526,574
59,632
 1.基金
2,348,263
30,935
 2.その他
2,178,311
28,697
3.流動資産
4,656,434
61,343
 1.預金・現金
2,715,414
35,773
 2.未収金
1,941,020
25,570
資産合計
61,991,581
816,667
貸方
全体(千円)
市民1人
当たり(円)
[負債の部]    
1.固定負債
24,647,777
324,706
 1.地方債
21,679,138
285,598
 2.退職給与引当金
2,968,639
39,108
2.流動負債
1,866,408
24,588
 1.翌年度償還予定額
1,866,408
24,588
[正味資産の部]
 
 
1.国庫支出金
6,755,303
88,993
2.都道府県支出金
1,508,330
19,871
3.一般財源等
27,213,763
358,509
負債・正味資産合計
61,991,581
816,667
借方
[資産の部]
1.有形固定資産  市が所有する土地、建物などの資産を行政目的別に区分表示しています。
2.投資等  水道事業などへの出資金や特定の目的に使用する基金を表示しています。
3.流動資産  年度間の財源の均衡を図るための基金や年度末の現金、基準日までに徴収できなかった税金などを表示しています。
貸方
[負債の部]
1.固定負債  市債のうち、平成20年度以降の償還が予定されている元金、年度末に在職する全職員が普通退職する場合に必要な退職手当推計額を表示しています。
2.流動負債  市債のうち、平成19年度中の償還予定元金を表示しています。
[正味資産の部]  これまでに形成された資産のうち、すでに負担した金額を表示しています。