トップ > 市の財政 > 平成19年度下半期財政事情

  平成19年度下半期財政事情


1 財政の動向

 平成20年4月18日内閣府発表の月例経済報告では、我が国の景気は、このところ足踏み状態にあり、先行きについては、改正建築基準法施行の影響が収束していくなかで、輸出が増加基調で推移し、景気は緩やかに回復していくと期待される。ただし、サブプライム住宅ローン問題を背景とするアメリカの景気後退懸念や株式・為替市場の変動、原油価格の動向等から、景気の下振れリスクが高まっていることに留意する必要があるとしている。
  政府は、「日本経済の進路と戦略」と「経済財政改革の基本方針2007」を一体として改革を推進する。また、平成20年度予算の成立を受け、これを着実に推進する。また、現下の経済状況やリスクの高まりにかんがみ、4月4日、中小企業の体質強化や雇用の改善、地域活性化につながる施策を中心に、「成長力強化へ早期実施策」をとりまとめたところであり、これらの施策を着実に実行していく。
  民間需要主導の持続的な成長を図るとともに、これと両立する安定的な物価上昇率を定着させるため、政府と日本銀行は、上記基本方針に示されたマクロ経済運営に関する基本的視点を共有し、政策運営を行うこととしている。

2 市長の財政方針

 本市では、将来にわたり持続可能な財政運営を確立し、今後とも安定的に市民サービスを提供するために、平成18年3月に「八街市集中改革プラン」を策定し、歳入面においては、市税の確保、受益者負担の適正化、財産の有効活用など、一方、歳出面においては、人件費の見直し、事務経費等の見直し、個別事業の見直し、公共施設の運営・管理体制の見直しを柱としており、これにより、平成17年度から平成21年度までの5年間で26億円の削減を見込んでおります。
  しかしながら、平成19年度において、歳入では、三位一体の改革による本格税源移譲が始まったものの、地方交付税制度改革、国県支出金の見直し等不透明な部分が未だ多く、歳出においては、扶助費の着実な増加、過年度に実施した事業に係る多額の地方債発行による公債費の増加により、大変厳しい状況となっております。
  今後も、集中改革プランの遂行が必要不可欠であり、確実に実行されているかどうか企画課行革班により管理是正し、八街市行財政改革推進本部が総括して、実施状況等を公表しながら集中改革プランの推進に努め、持続可能な財政運営を目指します。

3 収入及び支出の概況

(1) 予算の状況

ア 一般会計予算の状況
・平成19年9月末歳入歳出予算額
17,458,603 千円
・平成20年3月末歳入歳出予算額
17,473,791 千円
(15,188 千円増)
イ 特別会計予算の状況
(ア)国民健康保険特別会計
・平成19年9月末歳入歳出予算額
7,307,972 千円
・平成20年3月末歳入歳出予算額
7,414,584 千円
(106,612 千円増)
(イ)老人保健特別会計
・平成19年9月末歳入歳出予算額
3,437,222 千円
・平成20年3月末歳入歳出予算額
3,626,777 千円
(189,555 千円増)
(ウ)介護保険特別会計
・平成19年9月末歳入歳出予算額
2,467,069 千円
・平成20年3月末歳入歳出予算額
2,568,134 千円
(101,065 千円増)
(エ)学校給食センター事業特別会計
・平成19年9月末歳入歳出予算額
768,188 千円
・平成20年3月末歳入歳出予算額
755,171 千円
(13,017 千円減)
(オ)下水道事業特別会計
・平成19年9月末歳入歳出予算額
1,084,721 千円
・平成20年3月末歳入歳出予算額
1,028,977 千円
(55,744 千円減)


(2) 収入及び支出の状況

ア 一般会計における収入及び支出の状況
(ア)収入
・平成19年9月末収入済額
7,860,747千円
・平成20年3月末収入済額
16,362,776千円
(8,502,029千円増)
(イ)支出
・平成19年9月末支出済額
7,424,099千円
・平成20年3月末支出済額
15,794,639千円
(8,370,540千円増)
イ 特別会計における収入及び支出の状況
(ア)国民健康保険特別会計
a 収入
・平成19年9月末収入済額
2,936,471千円
・平成20年3月末収入済額
6,849,853千円
(3,913,382千円増)
b 支出
・平成19年9月末支出済額
3,173,050千円
・平成20年3月末支出済額
6,889,225千円
(3,716,175千円増)
(イ)老人保健特別会計
a 収入
・平成19年9月末収入済額
1,614,818千円
・平成20年3月末収入済額
3,373,689千円
(1,758,871千円増)
b 支出
・平成19年9月末支出済額
1,477,852千円
・平成20年3月末支出済額
3,253,059千円
(1,775,207千円増)
(ウ)介護保険特別会計
a 収入
・平成19年9月末収入済額
1,208,032千円
・平成20年3月末収入済額
2,511,707千円
(1,303,675千円増)
b 支出
・平成19年9月末支出済額
963,902千円
・平成20年3月末支出済額
2,193,787千円
(1,229,885千円増)
(エ)学校給食センター事業特別会計
a 収入
・平成19年9月末収入済額
335,907千円
・平成20年3月末収入済額
726,764千円
(390,857千円増)
b 支出
・平成19年9月末支出済額
269,831千円
・平成20年3月末支出済額
665,424千円
(395,593千円増)
(オ)下水道事業特別会計
a 収入
・平成19年9月末収入済額
460,383千円
・平成20年3月末収入済額
835,579千円
(375,196千円増)
b 支出
・平成19年9月末支出済額
397,555千円
・平成20年3月末支出済額
822,236千円
(424,681千円増)


平成19年度一般会計予算の状況

【歳入】

区分
当初予算(繰越除)
当初予算(繰越含)
9月現計予算(※)
10月〜3月
増減額
最終予算(※)
予算額
構成比
予算額
構成比
予算額
構成比
予算額
構成比
1 市税
千円
7,229,340

43.0
千円
7,229,340

41.6
千円
7,229,340

41.4
千円
0
千円
7,229,340

41.4
2 地方譲与税
244,000
1.5
244,000
1.4
244,000
1.4
2,000
246,000
1.4
3 利子割交付金
30,000
0.2
30,000
0.2
30,000
0.2
0
30,000
0.2
4 配当割交付金
24,000
0.1
24,000
0.1
24,000
0.1
16,000
40,000
0.2
5 株式等譲渡
  所得割交付金
39,000
0.2
39,000
0.2
39,000
0.2
△ 19,000
20,000
0.1
6 地方消費税
  交付金
609,000
3.6
609,000
3.5
609,000
3.5
5,000
614,000
3.5
7 自動車取得税
  交付金
183,000
1.1
183,000
1.1
183,000
1.0
△ 20,000
163,000
0.9
8 地方特例
  交付金
81,000
0.5
81,000
0.5
81,000
0.5
△ 37,379
43,621
0.2
9 地方交付税
2,730,000
16.3
2,730,000
15.7
2,730,000
15.6
76,479
2,806,479
16.1
10 交通安全対策
  特別交付金
10,000
0.1
10,000
0.1
10,000
0.1
0
10,000
0.1
11 分担金及び
  負担金
198,893
1.2
198,893
1.1
198,893
1.1
1,837
200,730
1.1
12 使用料及び
  手数料
329,427
2.0
329,427
1.9
329,427
1.9
△ 1,522
327,905
1.9
13 国庫支出金
1,266,698
7.5
1,321,408
7.6
1,330,085
7.6
△ 32,170
1,297,915
7.4
14 県支出金
1,082,057
6.4
1,082,057
6.2
1,082,057
6.2
15,374
1,097,431
6.3
15 財産収入
9,222
0.1
9,222
0.1
9,222
0.1
56,210
65,432
0.4
16 寄附金
4
0.0
4
0.0
4
0.0
37,155
37,159
0.2
17 繰入金
1,322,476
7.9
1,322,476
7.6
1,356,654
7.8
△ 86,648
1,270,006
7.3
18 繰越金
100,000
0.6
135,838
0.8
135,838
0.8
50,946
186,784
1.1
19 諸収入
199,883
1.2
336,883
1.9
353,583
2.0
25,606
379,189
2.2
20 市債
1,112,000
6.6
1,483,500
8.5
1,483,500
8.5
△ 74,700
1,408,800
8.1
  計
16,800,000
100.0
17,399,048
100.0
17,458,603
100.0
15,188
17,473,791
100.0
※9月現計予算額及び最終予算額には、平成18年度繰越額を含む。

【歳出】
区分
当初予算(繰越除)
当初予算(繰越含)
9月現計予算(※)
10月〜3月
増減額
最終予算(※)
予算額
構成比
予算額
構成比
予算額
構成比
予算額
構成比
1 議会費
千円
221,272

1.3
千円
221,272

1.3
千円
221,272

1.3
千円
△4,476
千円
216,796

1.2
2 総務費
2,016,056
12.0
2,016,056
11.6
2,041,942
11.7
△ 22,704
2,019,238
11.6
3 民生費
4,842,889
28.8
4,842,889
27.8
4,879,744
28.0
117,260
4,997,004
28.6
4 衛生費
1,933,127
11.5
1,933,127
11.1
1,933,127
11.1
△ 45,114
1,888,013
10.8
5 農林水産業費
462,641
2.8
462,641
2.7
462,641
2.6
△ 9,996
452,645
2.6
6 商工費
142,434
0.8
142,434
0.8
142,434
0.8
△ 797
141,637
0.8
7 土木費
1,997,277
11.9
2,596,325
14.9
2,596,325
14.9
△ 96,689
2,499,636
14.3
8 消防費
1,204,337
7.2
1,204,337
6.9
1,205,437
6.9
△ 633
1,204,804
6.9
9 教育費
1,705,189
10.1
1,705,189
9.8
1,705,189
9.8
△ 7,004
1,698,185
9.7
10 災害復旧費
1
0.0
1
0.0
1
0.0
0
1
0.0
11 公債費
2,238,938
13.3
2,238,938
12.9
2,238,938
12.8
91,500
2,330,438
13.3
12 諸支出金
146
0.0
146
0.0
146
0.0
1,487
1,633
0.0
13 予備費
35,693
0.2
35,693
0.2
31,407
0.2
△ 7,646
23,761
0.1
16,800,000
100.0
17,399,048
100.0
17,458,603
100.0
15,188
17,473,791
100.0
※9月現計予算額及び最終予算額には、平成18年度繰越額を含む。

平成19年度特別会計予算の状況
          区分
会計名
当初予算額
9月現計
予算額
10月〜3月
増減額
最終予算額
国民健康保険特別会計
千円
7,307,972
千円
7,307,972
千円
106,612
千円
7,414,584
老人保健特別会計 3,437,222 3,437,222 189,555 3,626,777
介護保険特別会計(※) 2,462,869 2,467,069 101,065 2,568,134
学校給食センター事業
特別会計
768,188 768,188 △ 13,017 755,171
下水道事業特別会計 936,836 1,084,721 △ 55,744 1,028,977
14,913,087 15,065,172 328,471 15,393,643
※9月現計予算額及び最終予算額には、平成18年度繰越額を含む。

(2) 収入及び支出の状況
ア 一般会計予算における収入及び支出の状況
【収入】
区分
最終予算額
9月末
収入済額
10月〜3月
収入額
3月末
収入済額
収入率
B/A
*100
1 市税
千円
7,229,340
千円
4,071,554
千円
3,016,783
千円
7,088,337

98.0
2 地方譲与税 246,000 71,414 101,687 173,101
70.4
3 利子割交付金 30,000 11,955 19,709 31,664
105.5
4 配当割交付金 40,000 17,214 17,035 34,249
85.6
5 株式等譲渡
  所得割交付金
20,000 0 24,532 24,532
122.7
6 地方消費税
  交付金
614,000 361,315 258,599 619,914
101.0
7 自動車取得税
  交付金
163,000 47,478 120,920 168,398
103.3
8 地方特例
  交付金
43,621 32,002 11,619 43,621
100.0
9 地方交付税 2,806,479 2,023,649 820,867 2,844,516
101.4
10 交通安全対策
  特別交付金
10,000 6,296 4,849 11,145
111.5
11 分担金及び
  負担金
200,730 92,860 98,727 191,587
95.4
12 使用料及び
  手数料
327,905 170,594 140,485 311,079
94.9
13 国庫支出金 1,297,915 517,514 753,043 1,270,557
97.9
14 県支出金 1,097,431 141,099 656,232 797,331
72.7
15 財産収入 65,432 22,828 41,047 63,875
97.6
16 寄附金 37,159 11,225 25,973 37,198
100.1
17 繰入金 1,270,006 0 1,184,717 1,184,717
93.3
18 繰越金 186,784 186,784 0 186,784
100.0
19 諸収入 379,189 74,966 200,805 275,771
72.7
20 市債 1,408,800 0 1,004,400 1,004,400
71.3
  計 17,473,791 7,860,747 8,502,029 16,362,776
93.6

【支出】
区分
最終予算額
9月末
支出済額
10月〜3月
支出額
3月末
支出済額
執行率
B/A
*100
1 議会費
千円
216,796
千円
109,906
千円
103,298
千円
213,204

98.3
2 総務費 2,019,238 976,864 841,614 1,818,478
90.1
3 民生費 4,997,004 2,372,566 2,206,171 4,578,737
91.6
4 衛生費 1,888,013 617,193 1,093,273 1,710,466
90.6
5 農林水産業費 452,645 93,684 303,566 397,250
87.8
6 商工費 141,637 113,730 24,681 138,411
97.7
7 土木費 2,499,636 815,293 1,040,978 1,856,271
74.3
8 消防費 1,204,804 637,083 527,666 1,164,749
96.7
9 教育費 1,698,185 732,029 854,613 1,586,642
93.4
10 災害復旧費 1 0 0 0
-
11 公債費 2,330,438 955,678 1,373,121 2,328,799
99.9
12 諸支出金 1,633 73 1,559 1,632
99.9
13 予備費 23,761 0 0 0
-
17,473,791 7,424,099 8,370,540 15,794,639
90.4

イ 特別会計予算における収入及び支出の状況
【収入】
区分
最終予算額
9月末
収入済額
10月〜3月
収入額
3月末
収入済額 B
収入率
B/A
*100
国民健康保険特別会計
千円
7,414,584
千円
2,936,471
千円
3,913,382
千円
6,849,853

92.4
老人保健特別会計 3,626,777 1,614,818 1,758,871 3,373,689
93.0
介護保険特別会計 2,568,134 1,208,032 1,303,675 2,511,707
97.8
学校給食センター事業
特別会計
755,171 335,907 390,857 726,764
96.2
下水道事業特別会計 1,028,976 460,383 375,196 835,579
81.2
15,393,642 6,555,611 7,741,981 14,297,592
92.9

【支出】
区分
最終予算額
9月末
支出済額
10月〜3月
支出額
3月末
支出済額  B
執行率
B/A
*100
国民健康保険特別会計
千円
7,414,584
千円
3,173,050
千円
3,716,175
千円
6,889,225

92.9
老人保健特別会計 3,626,777 1,477,852 1,775,207 3,253,059
89.7
介護保険特別会計 2,568,134 963,902 1,229,885 2,193,787
85.4
学校給食センター事業
特別会計
755,171 269,831 395,593 665,424
88.1
下水道事業特別会計 1,028,976 397,555 424,681 822,236
79.9
15,393,642 6,282,190 7,541,541 13,823,731
89.8

4 市の負担の状況
 平成19年度一般会計最終予算での市税収入見込額は72億2,934万円で、前年度決算額と比較して10.1%の増となっている。
 また、この市税収入を市民1人あたりの負担額でみると、95,573円となる。
 

平成19年度市税収入と市民負担の状況
区分
平成19年度最終予算
平成18年度決算
比較
(A-B)/B
*100
予算額 
市民一人
当たり
負担額
構成比
収入額 
B
市民一人
当たり
負担額
構成比
1 市民税
千円
3,681,600

48,671

50.9
千円
3,062,440

40,344

46.6

20.2
 (1)個人 3,292,600 43,529
45.5
2,607,235 34,347
39.7
26.3
 (2)法人 389,000 5,143
5.4
455,205 5,997
6.9
△ 14.5
2 固定資産税 2,769,506 36,613
38.3
2,736,426 36,049
41.7
1.2
 (1)固定資産税 2,757,173 36,450
38.1
2,722,097 35,860
41.5
1.3
 (2)固定資産等所在
 市町村交付金
12,333 163
0.2
14,329 189
0.2
△ 13.9
3 軽自動車税 114,000 1,507
1.6
115,365 1,520
1.8
△ 1.2
4 市たばこ税 543,000 7,179
7.5
530,308 6,986
8.1
2.4
5 特別土地保有税 1 0
0.0
0 0
-
-
6 都市計画税 121,233 1,603
1.7
121,628 1,602
1.8
△ 0.3
7,229,340 95,573
100.0
6,566,167 86,502
100.0
10.1
(注) 人口は、住民基本台帳(平成20年3月末日現在75,642人、平成19年3月末日現在75,908人)による。

5 公営企業の経理の概況

(1)水道事業会計予算の状況
ア 収益的収入
・平成19年9月末収入予算額
1,137,784 千円
・平成20年3月末収入予算額
1,162,196 千円
(24,412 千円増)
イ 収益的支出
・平成19年9月末支出予算額
1,123,619 千円
・平成20年3月末支出予算額
1,133,742 千円
(10,123 千円増)
ウ 資本的収入
・平成19年9月末収入予算額
98,050 千円
・平成20年3月末収入予算額
97,095 千円
(955 千円減)
エ 資本的支出
・平成19年9月末支出予算額
313,846 千円
・平成20年3月末支出予算額
302,031 千円
(11,815 千円減)


(2)水道事業会計における収入及び支出の状況
ア 収益的収入
・平成19年9月末収入済額
458,595 千円
・平成20年3月末収入済額
1,164,612 千円
(706,017 千円 増)
イ 収益的支出
・平成19年9月末支出済額
364,422 千円
・平成20年3月末支出済額
1,091,639 千円
(727,217 千円 増)
ウ 資本的収入
・平成19年9月末収入済額
0 千円
・平成20年3月末収入済額
96,706 千円
(96,706 千円 増)
エ 資本的支出
・平成19年9月末支出済額
94,000 千円
・平成20年3月末支出済額
288,892 千円
(194,892 千円 増)


平成19年度水道事業会計予算の状況

【収益的収入】
区分
当初予算額
9月現計予算額
10月〜3月
補正予算額
最終予算額
水道事業収益
千円
1,137,784
千円
1,137,784
千円
24,412
千円
1,162,196

【収益的支出】
区分
当初予算額
9月現計予算額
10月〜3月
補正予算額
最終予算額
水道事業費用
千円
1,123,619
千円
1,123,619
千円
10,123
千円
1,133,742

【資本的収入】
区分
当初予算額
9月現計予算額
10月〜3月
補正予算額
最終予算額
資本的収入
千円
98,050
千円
98,050
千円
△955
千円
97,095

【資本的支出】
区分
当初予算額
9月現計予算額
10月〜3月
補正予算額
最終予算額
資本的支出
千円
313,846
千円
313,846
千円
△11,815
千円
302,031

平成19年度水道事業会計予算における収入及び支出の状況
【収益的収入】
区分
最終予算額 
9月末
収入済額
10月〜3月
収入額
3月末
収入済額
収入率
B/A
*100
水道事業収益
千円
1,162,196
千円
458,595
千円
706,017
千円
1,164,612

100.2

【収益的支出】
区分
最終予算額 
9月末
支出済額
10月〜3月
支出額
3月末
支出済額
執行率
B/A
*100
水道事業費用
千円
1,133,742
千円
364,422
千円
727,217
千円
1,091,639

96.3

【資本的収入】
区分
最終予算額 
9月末
収入済額
10月〜3月
収入額
3月末
収入済額
収入率
B/A
*100
資本的収入
千円
97,095
千円
0
千円
96,706
千円
96,706

99.6

【資本的支出】
区分
最終予算額 
9月末支出済額
10月〜3月
支出額
3月末
支出済額
執行率
B/A
*100
資本的支出
千円
302,031
千円
94,000
千円
194,892
千円
288,892

95.6

6 財産、公債及び一時借入金の現在高

(1)市有財産の現在高
ア 公有財産
(ア) 土地(山林を除く)
・平成18年度末現在高
1,039,037 m2
・平成19年度末現在高
1,040,325 m2
(1,288 m2 増)
(イ) 建物
・平成18年度末現在高
145,911 m2
・平成19年度末現在高
146,659 m2
(748 m2 増)
(ウ) 山林
・平成18年度末現在高
4,589 m2
・平成19年度末現在高
4,589 m2
(増減なし)
(エ) 有価証券
・平成18年度末現在高
500 千円
・平成19年度末現在高
500 千円
(増減なし)
(オ) 出資による権利
・平成18年度末現在高
597,937 千円
・平成19年度末現在高 
628,992 千円
(31,055 千円 増)
イ 物品
・平成18年度末現在高 
131 点
・平成19年度末現在高 
127 点
(4 点 減)
ウ 基金
(ア) 土地
・平成18年度末現在高
11,469.71 m2
・平成19年度末現在高
12,176.38 m2
(706.67 m2増)
(イ) 現金
・平成18年度末現在高
375,535 千円
・平成19年度末現在高
395,752 千円
(20,217 千円 増)

平成19年度市有財産の状況
区分
平成18年度末
現在高
平成19年度中
増減
平成19年度末
現在高
1 公有財産
 (1)土地

1,039,037m2

1,288m2

1,040,325m2
 (2)建物
145,911m2
748m2
146,659m2
 (3)山林
4,589m2
0m2
4,589m2
 (4)有価証券
500千円
0千円
500千円
 (5)出資による権利
597,937千円
31,055千円
628,992千円
2 物品
131点
△4点
127点
3 基金
 (1)財政調整基金(一般会計)
1,902,372千円
△507,988千円
1,394,384千円
 (2)財政調整基金
  (国民健康保険特別会計)
190,481千円
△35,420千円
155,061千円
 (3)塵芥処理施設建設改良基金
342,119千円
△147,178千円
194,941千円
 (4)し尿処理基金
45,431千円
305千円
45,736千円
 (5)用排水路建設改良基金
366,323千円
10,074千円
376,397千円
 (6)教育施設建設改修基金
43,442千円
221千円
43,663千円
 (7)減債基金
235,819千円
△97,915千円
137,904千円
 (8)青少年育成基金
9,787千円
46千円
9,833千円
 (9)地域振興基金
11,868千円
34千円
11,902千円
 (10)地域福祉基金
149,963千円
△13,727千円
136,236千円
 (11)まちづくり基金
57千円
0千円
57千円
 (12)庁舎建設基金
773,347千円
2,987千円
776,334千円
 (13)土地開発基金
  ア 土地
11,469.71m2
706.67m2
12,176.38m2
  イ 現金
375,535千円
20,217千円
395,752千円
 (14)高額医療費貸付基金
8,000千円
0千円
8,000千円
 (15)国保出産費貸付基金
2,400千円
0千円
2,400千円
 (16)介護給付費準備基金
48,681千円
114千円
48,795千円


(2)公債の現在高
 公債(市債)は、市が実施する事業のうち多額の経費を必要とし、その事業の性格・効果から将来世代の方々にも負担していただくのが適当と考えられるものや、災害の復旧等緊急に実施する必要があるもの等について、国の許可を得て政府・市中金融機関等から長期の資金を借入れて、その事業の財源とするものです


ア 一般会計
・平成18年度末現在高
23,319,206千円
・平成19年度末予定高
22,748,244千円
(570,962千円減)
イ 学校給食センター事業特別会計
・平成18年度末現在高
226,340千円
・平成19年度末予定高
203,295千円
(23,045千円減)
ウ 下水道事業特別会計
・平成18年度末現在高
4,522,943千円
・平成19年度末予定高
4,419,959千円
(102,984千円減)
エ 水道事業会計
・平成18年度末現在高
2,657,638千円
・平成19年度末予定高
2,561,635千円
(96,003千円減)


平成19年度公債の状況
区分
平成18年度末
現在高
平成19年度中増減(見込)
平成19年度末
現在高
(見込)
借入額
償還額
1 一般会計
23,319,206千円
1,367,900千円
1,938,862千円
22,748,244千円
 (1)総務債
11,220千円
千円
3,740千円
7,480千円
 (2)民生債
455,012千円
千円
28,560千円
426,452千円
 (3)衛生債
5,619,124千円
21,000千円
527,667千円
5,112,457千円
 (4)農林水産業債
14,171千円
千円
3,038千円
11,133千円
 (5)土木債
5,457,021千円
581,500千円
492,337千円
5,546,184千円
 (6)消防債
233,680千円
31,100千円
37,597千円
227,183千円
 (7)教育債
4,275,199千円
千円
434,198千円
3,841,001千円
 (8)災害復旧事業債
16,491千円
千円
1,799千円
14,692千円
 (9)臨時財政特例債
47,765千円
千円
6,139千円
41,626千円
 (10)減税補てん債
2,159,159千円
千円
193,015千円
1,966,144千円
 (11)臨時税収補てん債
186,745千円
千円
15,995千円
170,750千円
 (12)調整債
21,457千円
千円
4,676千円
16,781千円
 (13)県貸付金
157,300千円
千円
38,438千円
118,862千円
 (14)臨時財政対策債
4,664,862千円
639,400千円
151,663千円
5,152,599千円
 (15)借換債
千円
94,900千円
千円
94,900千円
2給食センター事業特別会計
226,340千円
千円
23,045千円
203,295千円
 (1)給食事業債
226,340千円
千円
23,045千円
203,295千円
3下水道事業特別会計
4,522,943千円
116,300千円
219,284千円
4,419,959千円
 (1)下水道事業債
4,522,943千円
116,300千円
219,284千円
4,419,959千円
4水道事業会計
2,657,638千円
37,500千円
133,503千円
2,561,635千円
 (1)上水道事業債
2,657,638千円
37,500千円
133,503千円
2,561,635千円

(3)一時借入金の現在高 なし