トップ > 市の財政 > 平成17年度下半期財政事情

  平成17年度下半期財政事情


1 財政の動向

 平成18年4月14日内閣府発表の月例経済報告によると、我が国経済の基調判断として(1)企業収益は改善し、設備投資は増加している。(2)個人消費は、緩やかに増加している。(3)雇用情勢は、厳しさが残るものの、改善に広がりがみられる。(4)輸出は増加し、生産は緩やかに増加している。 という四点を上げて「景気は、回復している」としている。
  また景気の先行きについては、企業部門の好調さが家計部門へ波及しており、国内民間需要に支えられた回復が続くと見込まれるが、原油価格の動向が内外経済に与える影響等には引き続き留意する必要がある一方、政策の基本的態度として政府は、「経済財政運営と構造改革に関する基本方針2005」に基づき、構造改革を加速・拡大し、更に平成18年度予算、税制改正法案等の成立を受け、これらを着実に執行・実施することと供に重点強化期間内におけるデフレからの脱却を確実なものとするため、政府・日本銀行は一体となった取組を行うとしている。

2 市長の財政方針

 現下の行政環境を踏まえ、予算全般について節減合理化を推進するという基本姿勢に立ち、平成17年3月に事務事業の見直し及び職員定員の適正化を中心とした「八街市財政健全化プラン」を策定し、歳入歳出両面にわたる取り組みを行い、歳入面では、市税収入の確保、受益者負担の適正化の推進、国・県の補助制度による補助金の確保、地方交付税措置のある地方債制度の活用、各種基金を国債で運用することによる収入の確保等、財源の確保に努めるとともに、歳出面では全般にわたる経費(一般事務費や内部管理経費のシーリング等)の節減合理化の推進ならびに補助ルール及び契約方法、公共施設の運営・管理体制等の既存制度の見直し、施策の厳選に努め、全体として歳入に見合った規模の通年型予算として編成することとした。
 三位一体の改革は、真の地方自治の確立に向けた地方分権改革であり、地方公共団体の自己決定、自己責任の幅を拡大し、自由度を高めて創意工夫に富んだ施策を展開することにより住民ニーズに対応した多様で個性的な地域づくりを行い、国民が豊かさとゆとりを実感できるよう財政面での自立度を高めるための改革であると期待している。
 その中で、18年度の国の予算が示され地方財政計画における地方交付税制度や三位一体の改革の進展などにより引き続き厳しい財政運営が求められており、17年度よりスタートした新総合計画に位置づけのある事業を中心としてふさわしい重点的な予算配分及び市民要望を反映することに努めることにした。
 具体的には都市基盤整備の推進による便利で快適なまちづくりを始め、安全で安心なまちづくり、各種保健・福祉事業の推進による健康と思いやりのあふれるまちづくり、心の豊かさを感じるまちづくりなど、暮らし、福祉、教育分野を含めバランスのとれた予算配分に努めた。今後はこれらの事業のほか、基本計画に定めるリーディングプランを中心とした計画の着実な推進をこれまでに引き続き図っていきたい。
 また現在、企画課行革班において、事務事業の見直し、市民サービスの向上、市役所組織の見直し、職員定員の適正化の4つを主なテーマとして取り組みを進めているところであるが、八街市財政健全化プランの策定後、総務省から「地方公共団体における行政改革の推進のための新たな指針」が示され、行政改革推進のための計画を策定することとされたため、本指針に基づき新たに「八街市集中改革プラン」を策定し、21年度までの5カ年でさらなる行財政改革に取り組むとした。

3 収入及び支出の概況

(1) 予算の状況

ア 一般会計予算の状況
 ・平成17年9月末歳入歳出予算額 18,008,585 千円
 ・平成18年3月末歳入歳出予算額 17,567,791 千円 ( 440,794 千円 減)
イ 特別会計予算の状況
(ア)国民健康保険特別会計
 ・平成17年9月末歳入歳出予算額 6,429,182 千円
 ・平成18年3月末歳入歳出予算額 6,750,784 千円 ( 321,602 千円 増)
(イ)老人保健特別会計
 ・平成17年9月末歳入歳出予算額 3,826,060 千円
 ・平成18年3月末歳入歳出予算額 3,831,119 千円 ( 5,059 千円 増)
(ウ)介護保険特別会計
 ・平成17年9月末歳入歳出予算額 2,266,003 千円
 ・平成18年3月末歳入歳出予算額 2,194,845 千円 ( 71,158 千円 減)
(エ)学校給食センター事業特別会計
 ・平成17年9月末歳入歳出予算額 727,471 千円
 ・平成18年3月末歳入歳出予算額 727,115 千円 ( 356 千円 減)
(オ)下水道事業特別会計
 ・平成17年9月末歳入歳出予算額 1,036,082 千円
 ・平成18年3月末歳入歳出予算額 901,545 千円 ( 134,537 千円 減)

平成17年度一般会計予算の状況

【歳入】

区分
当初予算
9月現計予算
10月〜3月
増減額
最終予算
予算額
構成比
予算額
構成比
予算額
構成比
1 市税
千円
6,366,157

36.0
千円
6,366,157

35.4
千円
0
千円
6,366,157

36.2
2 地方譲与税
495,000
2.8
495,000
2.7
0
495,000
2.8
3 利子割交付金
45,000
0.3
45,000
0.2
△ 15,000
30,000
0.2
4 配当割交付金
10,000
0.1
10,000
0.1
0
10,000
0.1
5 株式等譲渡
  所得割交付金
5,000
0.0
5,000
0.0
0
5,000
0.0
6 地方消費税
  交付金
600,000
3.4
600,000
3.3
0
600,000
3.4
7 自動車取得税
  交付金
190,000
1.1
190,000
1.1
△ 10,000
180,000
1.0
8 地方特例
  交付金
235,000
1.3
233,469
1.3
0
233,469
1.3
9 地方交付税
2,850,000
16.1
3,002,348
16.7
14,840
3,017,188
17.2
10 交通安全対策
  特別交付金
9,000
0.1
9,000
0.0
0
9,000
0.1
11 分担金及び
  負担金
182,838
1.0
182,888
1.0
13,763
196,651
1.1
12 使用料及び
  手数料
279,617
1.6
279,648
1.6
△ 228
279,420
1.6
13 国庫支出金
1,824,436
10.3
1,882,690
10.5
△ 74,642
1,808,048
10.3
14 県支出金
493,537
2.8
518,501
2.9
107,840
626,341
3.6
15 財産収入
1,690
0.0
1,462
0.0
663
2,125
0.0
16 寄附金
4
0.0
4
0.0
337
341
0.0
17 繰入金
1,401,309
7.9
1,085,019
6.0
△ 190,965
894,054
5.1
18 繰越金
100,000
0.6
274,842
1.5
0
274,842
1.6
19 諸収入
224,212
1.3
381,857
2.1
△ 4,602
377,255
2.1
20 市債
2,347,200
13.3
2,445,700
13.6
△ 282,800
2,162,900
12.3
  計
17,660,000
100.0
18,008,585
100.0
△ 440,794
17,567,791
100.0

【歳出】
区分
当初予算
9月現計予算
10月〜3月
増減額
最終予算
予算額
構成比
予算額
構成比
予算額
構成比
1 議会費
千円
246,321

1.4
千円
246,321

1.4
千円
△2,620
千円
243,701

1.4
2 総務費
1,946,205
11.0
1,965,852
10.9
△ 9,913
1,955,939
11.1
3 民生費
4,703,086
26.7
4,784,249
26.6
8,349
4,792,598
27.4
4 衛生費
1,773,276
10.0
1,768,328
9.8
△ 42,355
1,725,973
9.8
5 農林水産業費
311,022
1.8
310,272
1.7
△ 21,906
288,366
1.6
6 商工費
144,271
0.8
144,669
0.8
△ 20
144,649
0.8
7 土木費
2,932,880
16.6
3,302,892
18.3
△ 402,526
2,900,366
16.5
8 消防費
1,192,806
6.8
1,192,806
6.6
△ 108
1,192,698
6.8
9 教育費
2,673,407
15.1
2,552,787
14.2
△ 3,773
2,549,014
14.5
10 災害復旧費
1
0.0
1
0.0
0
1
0.0
11 公債費
1,702,099
9.6
1,705,782
9.5
35,684
1,741,466
9.9
12 諸支出金
203
0.0
203
0.0
43
246
0.0
13 予備費
34,423
0.2
34,423
0.2
△ 1,649
32,774
0.2
17,660,000
100.0
18,008,585
100.0
△ 440,794
17,567,791
100.0

平成17年度特別会計予算の状況
         区分
会計名
当初予算額
9月現計
予算額
10月〜3月
増減額
最終予算額
国民健康保険特別会計
千円
6,427,415
千円
6,429,182
千円
321,602
千円
6,750,784
老人保健特別会計
3,774,895
3,826,060
5,059
3,831,119
介護保険特別会計
2,217,261
2,266,003
△ 71,158
2,194,845
学校給食センター事業
特別会計
723,971
727,471
△ 356
727,115
下水道事業特別会計
1,020,989
1,036,082
△ 134,537
901,545
14,164,531
14,284,798
120,610
14,405,408

(2) 収入及び支出の状況
ア 一般会計予算における収入及び支出の状況
【収入】
区分
最終予算額
9月末
収入済額
10月〜3月
収入額
3月末収入済額
収入率
B/A
1 市税
千円
6,366,157
千円
3,799,892
千円
2,547,664
千円
6,347,556

99.7
2 地方譲与税
495,000
199,895
309,850
509,745
103.0
3 利子割交付金
30,000
15,222
16,872
32,094
107.0
4 配当割交付金
10,000
7,235
12,585
19,820
198.2
5 株式等譲渡
  所得割交付金
5,000
67
33,047
33,114
662.3
6 地方消費税
  交付金
600,000
320,066
262,898
582,964
97.2
7 自動車取得税
  交付金
180,000
60,889
117,266
178,155
99.0
8 地方特例
  交付金
233,469
233,469
0
233,469
100.0
9 地方交付税
3,017,188
2,100,058
942,214
3,042,272
100.8
10 交通安全対策
  特別交付金
9,000
6,392
3,673
10,065
111.8
11 分担金及び
  負担金
196,651
91,995
99,385
191,380
97.3
12 使用料及び
  手数料
279,420
146,505
130,695
277,200
99.2
13 国庫支出金
1,808,048
634,696
942,893
1,577,589
87.3
14 県支出金
626,341
106,501
344,156
450,657
72.0
15 財産収入
2,125
609
1,379
1,988
93.6
16 寄附金
341
0
338
338
99.1
17 繰入金
894,054
0
851,906
851,906
95.3
18 繰越金
274,842
274,842
0
274,842
100.0
19 諸収入
377,255
48,991
247,861
296,852
78.7
20 市債
2,162,900
0
1,021,600
1,021,600
47.2
  計
17,567,791
8,047,324
7,886,282
15,933,606
90.7

【支出】
区分
最終予算額
9月末
支出済額
10月〜3月
支出額
3月末支出済額
予算残額
執行率
B/A
1 議会費
千円
243,701
千円
113,521
千円
112,464
千円
225,985
千円
17,716

92.7
2 総務費
1,955,939
929,733
864,640
1,794,373
161,566
91.7
3 民生費
4,792,598
2,294,245
2,147,394
4,441,639
350,959
92.7
4 衛生費
1,725,973
577,185
1,017,593
1,594,778
131,195
92.4
5 農林水産業費
288,366
107,477
159,715
267,192
21,174
92.7
6 商工費
144,649
115,525
25,942
141,467
3,182
97.8
7 土木費
2,900,366
1,059,655
847,751
1,907,406
992,960
65.8
8 消防費
1,192,698
632,605
511,956
1,144,561
48,137
96.0
9 教育費
2,549,014
1,106,654
1,311,036
2,417,690
131,324
94.8
10 災害復旧費
1
0
0
0
1
0.0
11 公債費
1,741,466
806,605
933,394
1,739,999
1,467
99.9
12 諸支出金
246
17
228
245
1
99.6
13 予備費
32,774
0
0
0
32,774
0.0
17,567,791
7,743,222
7,932,113
15,675,335
1,892,456
89.2

イ 特別会計予算における収入及び支出の状況
【収入】
区分
最終予算額
9月末
収入済額
10月〜3月
収入額
3月末収入済額 
収入率
B/A
国民健康保険特別会計
千円
6,750,784
千円
2,544,131
千円
3,733,203
千円
6,277,334

93.0
老人保健特別会計
3,831,119
1,648,573
1,853,908
3,502,481
91.4
介護保険特別会計
2,194,845
1,047,479
1,058,898
2,106,377
96.0
学校給食センター事業
特別会計
727,115
396,624
302,870
699,494
96.2
下水道事業特別会計
901,545
385,055
376,099
761,154
84.4
14,405,408
6,021,862
7,324,978
13,346,840
92.7

【支出】
区分
最終予算額
9月末
支出済額
10月〜3月
支出額
3月末支出済額
予算残額
執行率
B/A
国民健康保険特別会計
千円
6,750,784
千円
2,803,041
千円
3,220,674
千円
6,023,715
千円
727,069

89.2
老人保健特別会計
3,831,119
1,610,278
1,835,776
3,446,054
385,065
89.9
介護保険特別会計
2,194,845
908,092
1,079,834
1,987,926
206,919
90.6
学校給食センター事業
特別会計
727,115
274,893
388,439
663,332
63,783
91.2
下水道事業特別会計
901,545
285,909
464,337
750,246
151,299
83.2
14,405,408
5,882,213
6,989,060
12,871,273
1,534,135
89.4

4 市の負担の状況
 平成17年度一般会計最終予算での市税収入見込額は63億6,615万7千円で、前年度決算額と比較して4.5%の増となっている。
 また、この市税収入を市民一人当たりの負担額でみると83,737円となる。 

平成17年度市税収入と市民負担の状況
区分
平成17年度最終予算
平成16年度決算
比較
(A-B)/B
収入額 
市民一人
当たり
負担額
構成比
収入額 
B
市民一人
当たり
負担額
構成比
1 市民税
千円
2,689,200

35,372

42.3
千円
2,686,800

34,613

40.3

0.1
 (1)個人
2,348,000
30,884
36.9
2,326,473
29,971
34.9
0.9
 (2)法人
341,200
4,488
5.4
360,327
4,642
5.4
△ 5.3
2 固定資産税
2,923,656
38,456
45.9
2,866,000
36,922
43.0
2.0
 (1)固定資産税
2,909,400
38,268
45.7
2,851,743
36,738
42.8
2.0
 (2)固定資産等所在
 市町村交付金
14,256
188
0.2
14,257
184
0.2
△ 0.0
3 軽自動車税
103,400
1,360
1.6
102,748
1,324
1.5
0.6
4 市たばこ税
514,600
6,769
8.1
524,239
6,754
7.9
△ 1.8
5 特別土地保有税
1
0
0.0
353,509
4,554
5.3
△ 100.0
6 都市計画税
135,300
1,780
2.1
134,983
1,739
2.0
0.2
6,366,157
83,737
100.0
6,668,279
85,905
100.0
△ 4.5
(注) 人口は、住民基本台帳(平成18年3月末日現在76,026人、平成17年3月末日現在77,624人)による。

5 公益事業の経理の概況

(1)水道事業会計予算の状況
ア 収益的収入
 ・平成17年9月末収入予算額 1,125,263 千円
 ・平成18年3月末収入予算額 1,230,757 千円 ( 105,494 千円 増)
イ 収益的支出
 ・平成17年9月末支出予算額 1,107,136 千円
 ・平成18年3月末支出予算額 1,101,929 千円 ( 5,207 千円 減)
ウ 資本的収入
 ・平成17年9月末収入予算額 121,186 千円
 ・平成18年3月末収入予算額 84,182 千円 ( 37,004 千円 減)
エ 資本的支出
 ・平成17年9月末支出予算額 290,914 千円
 ・平成18年3月末支出予算額 251,472 千円 ( 39,442 千円 減)

(2) 水道事業会計における収入及び支出の状況
ア 収益的収入
・平成17年9月末収入済額 645,603 千円
・平成18年3月末収入済額 1,223,191 千円 ( 577,588 千円 増)
イ 収益的支出
・平成17年9月末支出済額 444,854 千円
・平成18年3月末支出済額 1,016,468 千円 ( 571,614 千円 増)
ウ 資本的収入
・平成17年9月末収入済額 0 千円
・平成18年3月末収入済額 70,633 千円 ( 70,633 千円 増)
エ 資本的支出
・平成17年9月末支出済額 91,880 千円
・平成18年3月末支出済額 238,247 千円 ( 146,367 千円 増)

平成17年度水道事業会計予算の状況

【収益的収入】
区分
当初予算額
9月現計予算額
10月〜3月
補正予算額
最終予算額
水道事業収益
千円
1,125,263
千円
1,125,263
千円
105,494
千円
1,230,757

【収益的支出】
区分
当初予算額
9月現計予算額
10月〜3月
補正予算額
最終予算額
水道事業費用
千円
1,107,209
千円
1,107,136
千円
△5,207
千円
1,101,929

【資本的収入】
区分
当初予算額
9月現計予算額
10月〜3月
補正予算額
最終予算額
資本的収入
千円
118,186
千円
121,186
千円
△37,004
千円
84,182

【資本的支出】
区分
当初予算額
9月現計予算額
10月〜3月
補正予算額
最終予算額
資本的支出
千円
287,885
千円
290,914
千円
△39,442
千円
251,472

平成17年度水道事業会計予算における収入及び支出の状況
【収益的収入】
区分
最終予算額 
9月末
収入済額
10月〜3月
収入額
3月末収入済額 
収入率
B/A
水道事業収益
千円
1,230,757
千円
645,603
千円
577,588
千円
1,223,191

99.4

【収益的支出】
区分
最終予算額 
9月末
支出済額
10月〜3月
支出額
3月末支出済額 
執行率
B/A
水道事業費用
千円
1,101,929
千円
444,854
千円
571,614
千円
1,016,468

92.2

【資本的収入】
区分
最終予算額 
9月末
収入済額
10月〜3月
収入額
3月末収入済額 
収入率
B/A
資本的収入
千円
84,182
千円
0
千円
70,633
千円
70,633

83.9

【資本的支出】
区分
最終予算額 
9月末支出済額
10月〜3月
支出額
3月末支出済額 
執行率
B/A
資本的支出
千円
251,472
千円
91,880
千円
146,367
千円
238,247

94.7

6 財産公債及び一時借入金の現在高

(1)市有財産の現在高
ア 公有財産
(ア) 土地(山林を除く)
 ・平成16年度末現在高 1,023,138 m2
 ・平成17年度末現在高 1,037,126 m2 ( 13,988 m2 増)
(イ) 建物
 ・平成16年度末現在高 143,291 m2
 ・平成17年度末現在高 143,138 m2 ( 153 m2 減)
(ウ) 山林
 ・平成16年度末現在高 4,589 m2
 ・平成17年度末現在高 4,589 m2 ( 増減なし)
(エ) 有価証券
 ・平成16年度末現在高 500 千円
 ・平成17年度末現在高 500 千円 ( 増減なし)
(オ) 出資による権利
 ・平成16年度末現在高 548,872 千円
 ・平成17年度末現在高 571,893 千円 ( 23,021 千円 増)
イ 物品
 ・平成16年度末現在高 137 点
 ・平成17年度末現在高 130 点 ( 7 点 減)
ウ 基金
(ア) 土地
 ・平成16年度末現在高 15,731.71 m2
 ・平成17年度末現在高 13,600.71 m2 ( 2,131.00 m2 減)
(イ) 現金
 ・平成16年度末現在高 327,221 千円
 ・平成17年度末現在高 351,159 千円 ( 23,938 千円 増)

平成17年度市有財産の状況
区分
平成16年度末現在高 平成17年度中増減 平成18年度末現在高
1 公有財産      
 (1)土地
1,023,138m2
13,988m2
1,037,126m2
 (2)建物
143,291m2
△ 153m2
143,268m2
 (3)山林
4,589m2
0m2
4,589m2
 (4)有価証券
500千円
0千円
500千円
 (5)出資による権利
548,872千円
23,021千円
571,893千円
2 物品
137点
△ 7点
130点
3 基金
 (1)財政調整基金
  (一般会計)
2,154,701千円
△ 113,156千円
2,041,545千円
 (2)財政調整基金(国民
  健康保険特別会計)
185,116千円
△ 69,665千円
115,451千円
 (3)塵芥処理施設
  建設改良基金
640,987千円
△ 149,849千円
491,138千円
 (4)し尿処理基金
45,282千円
0千円
45,282千円
 (5)用排水路
  建設改良基金
354,198千円
413千円
354,611千円
 (6)教育施設
  建設改修基金
63,277千円
0千円
63,277千円
 (7)減債基金
535,185千円
△ 149,999千円
385,186千円
 (8)青少年育成基金
9,787千円
0千円
9,787千円
 (9)地域振興基金
11,868千円
0千円
11,868千円
 (10)地域福祉基金
193,683千円
△ 29,950千円
163,733千円
 (11)まちづくり基金
57千円
0千円
57千円
 (12)庁舎建設基金
772,172千円
178千円
772,350千円
 (13)土地開発基金
  ア土地
15,731.71m2
△ 2,131.00m2
13,600.71m2
  イ現金
327,221千円
23,938千円
351,159千円
 (14)高度療養費
  貸付基金
8,000千円
0千円
8,000千円
 (15)介護給付費
  準備基金
45,870千円
△ 14,930千円
30,940千円

(2)公債の現在高
 公債(市債)は、市が実施する事業のうち多額の経費を必要とし、その事業の性格・効果から将来世代の方々にも負担していただくのが適当と考えられるものや、災害の復旧等緊急に実施する必要があるもの等について、国の許可を得て政府・市中金融機関等から長期の資金を借入れて、その事業の財源とするものです。

ア 一般会計
 ・平成16年度末現在高   22,012,683 千円
 ・平成17年度末予定高   22,559,196 千円 ( 546,513 千円 増)
イ 学校給食センター事業特別会計
 ・平成16年度末現在高   275,513 千円
 ・平成17年度末予定高   248,890 千円 ( 26,623 千円 減)
ウ 下水道事業特別会計
 ・平成16年度末現在高   4,717,228 千円
 ・平成17年度末予定高   4,650,975 千円 ( 66,253 千円 減)
エ 水道事業会計
 ・平成16年度末現在高   2,864,280 千円
 ・平成17年度末予定高   2,760,377 千円 ( 103,903 千円 減)

平成16年度公債の状況
区分
平成16年度末
現在高
平成17年度中増減(見込)
平成17年度末
現在高
借入額
償還額
一般会計
千円
22,012,683
千円
1,849,500
千円
1,302,987
千円
22,559,196
 総務債
51,382
0
22,383
28,999
 民生債
596,491
0
125,408
471,083
 衛生債
6,334,806
13,100
332,812
6,015,094
 農林水産業債
20,134
0
2,963
17,171
 土木債
4,713,702
505,700
154,326
5,065,076
 消防債
211,611
35,800
29,823
217,588
 教育債
3,900,041
413,500
382,985
3,930,556
 災害復旧事業債
18,849
0
1,169
17,680
 臨時財政特例債
65,100
0
8,446
56,654
 減税補てん債
2,304,789
122,100
159,611
2,267,278
 臨時税収
 補てん債
217,704
0
15,310
202,394
 調整債
30,047
0
4,173
25,874
 県貸付金
243,127
0
47,653
195,474
 臨時財政対策債
3,304,900
759,300
15,925
4,048,275
学校給食センター
事業特別会計
275,513
0
26,623
248,890
 給 食 事 業 債
275,513
0
26,623
248,890
下水道事業
特別会計
4,717,228
126,800
193,053
4,650,975
 下水道事業債
4,717,228
126,800
193,053
4,650,975
水道事業会計
2,864,280
24,800
128,703
2,760,377
 上水道事業債
2,864,280
24,800
128,703
2,760,377
29,869,704
2,001,100
1,651,366
30,219,438

(3)一時借入金の現在高 なし