「指定緊急避難場所」・「指定避難所」等について


災害対策基本法の改正について

 従来の災害対策基本法(以下「法」という。)では、切迫した災害の危険から逃れるための「避難場所」と避難生活を送るための「避難所」が明確に区別されておらず、東日本大震災では被害拡大の一因となりました。
 このため、平成25年6月に改正された法では、切迫した災害の危険から逃れるための「指定緊急避難場所」と、一定期間滞在し、避難者の生活環境を確保するための「指定避難所」が明確に区別されました。

指定緊急避難場所と指定避難所の指定
 今回の法改正に伴い、地域防災計画に位置付けられた避難場所等について見直しを図り、指定緊急避難場所として30カ所、指定避難所として27施設を指定しました。

指定緊急避難場所とは
 災害が発生し、または発生するおそれがある場合にその危険から逃れ、身の安全を確保するための場所をいいます。

指定避難所とは
 災害の危険性があり避難した住民等を災害の危険がなくなるまでに必要な間滞在させ、または災害により家に戻れなくなった住民等を一時的に滞在させるための施設をいいます。

協定締結による避難所等
 災害発生時等において、市の要請により避難所等を開設することができる施設です。
 今後、指定緊急避難場所・指定避難所の指定に向け準備をします。


八街市 指定緊急避難場所・指定避難所等 一覧【PDF】
八街市 指定緊急避難場所・指定避難所等 地図【PDF】



総務部防災課
TEL:043-443-1119
FAX:043-444-0815
E-mail:bosai@city.yachimata.lg.jp

 
 
 

〒289-1192 千葉県八街市八街ほ35番地29
TEL043-443-1111(代) FAX043-444-0815

ホームページに関するご意見、ご感想八街市役所総務部秘書広報課へお寄せください。
このホームページに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。
すべての著作権は八街市に帰属します。

制作:八街市役所総務部秘書広報課