ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 企画政策課 > 平成30年住宅・土地統計調査を実施します

平成30年住宅・土地統計調査を実施します

印刷用ページを表示する更新日:2018年7月5日更新 <外部リンク>

住宅・土地統計調査とは

わたしたちの住生活の実態を明らかに!

 住宅・土地統計調査は、「統計法」(国の統計に関する基本的な法律)に基づいた住宅統計調査とは

基幹統計調査で、昭和23年から5年ごとに実施され、今回は15回目の調査にあたります。

 この調査は、全国約370万世帯(八街市は約3千世帯)の方々を対象とした大規模な調査で、

調査の結果は、国や地方公共団体における「住生活基本計画」の成果指標の設定、耐震や防災

を中心とした都市計画の策定、空き家対策条例の制定などに幅広く利用されます。

 

調査のねらいは?

 今回の調査では、近年において多様化している国民の居住状況や高齢化などの社会・経済状況の変化を踏まえ、住宅のストックのみならず、

(1)高齢社会を支える居住環境

(2)耐震性・防火性・省エネルギー性などの住宅性能

(3)土地の利用状況

 を明らかにすることをねらいとしています。また、「空家等対策の推進に関する特別措置法」が施行されたことにより、「空き家の実態」を把握することをねらいとしています。

 

個人の情報は守られます!

 統計法では、調査対象者が安心して調査票に記入いただけるよう、調査員を始めとする調査関係者に対して、調査票の記入内容を厳重に保護することを定めています。

 集められた調査票は厳重に管理され、統計を作成した後、溶解処分されます。

 

1. 調査の期日

 平成30年10月1日現在で実施します。

 

2. 調査の範囲(八街市)

 平成27年国勢調査の調査区のうち、総務大臣の指定する173調査区で実施します。

 この調査区内の住戸・世帯の中から、総務大臣の定める方法により市長の選定する1調査区あたり17住戸・世帯の約3千住戸・世帯が対象となります。

 

3. 調査事項

 調査は、世帯と現住居・敷地などについて調べる「調査票甲」と、現住居以外に所有する住宅・土地などの詳細についても調べる「調査票乙」の2種類の調査票により行い、世帯には、決められたどちらか一方の調査票を配布します。

【調査票甲、調査票乙共通の調査事項】

    ■ 現在住んでいる居住、敷地に関する事項               

        居住室の数及び広さイメージキャラクター

        敷地面積

        家賃または間代に関する事項

        高齢者などのための設備の有無

        省エネルギー設備の有無

        増改築及び改修工事に関する事項など

    ■ 世帯などに関する事項

        世帯の構成

        年間収入

        通勤時間

        子の住んでいる場所

        現住居に入居した時期

        前住居など

    ■ 現居住以外の住宅・土地に関する事項

        所有の有無

        住宅・土地の種類

        空き家の所有状況

 

【調査票乙のみの調査事項】

    ■ 現在住んでいる住居・敷地に関する事項

        住居、敷地の名義

    ■ 現住居以外の住宅・土地に関する事項

        所有数

        面積

        土地の所在地

        土地の利用状況など

 

 このほかに調査員が、建物の構造、階数、建て方などについても調査します。

 

4. 調査の方法

 調査は次の系統により、調査員が調査世帯ごとに調査票を配付し、取集する方法により行います。

 

      国(総務省統計局) → 県 → 市 → 指導員 → 調査員 → 調査世帯

 

調査の流れ

 1. 9月上旬から調査員が調査対象区域を巡回し、建物の状況などを確認します。

   また、「調査実施のお知らせ」(リーフレット)を調査対象区域にお住まいのすべての世帯に配布します。

 2. 9月中旬に調査対象に選ばれた世帯に調査員がインターネット回答用の調査書類を配付します。

   一定期間をおいた後、調査対象世帯を調査員が再度訪問し、インターネット回答のなかった世帯には

   紙の調査票を配布します。

 3. 10月1日以降に調査員が紙の調査票を回収に伺います。

 

回答方法

 1. パソコンやスマートフォンを使ったインターネットによる回答方法

 2. 紙の調査票による回答方法

     ・調査票をそのまま調査員に提出する方法

     ・調査票を所定の封筒に封入して調査員に提出する方法

     ・調査票を郵送により提出する方法

 いずれかを選択しご回答いただけます。

便利

 

   【インターネット回答が便利で簡単です!】

    *期間中はいつでも都合のよい時間に回答できます。

    *画面の誘導に従うことでスムーズに回答できます。

    *不正なアクセスなどの監視を24時間行っていますので、回答データは厳重に守られます。

 

5. 調査員について

 ・ 住宅・土地統計調査の調査員は、非常勤の地方公務員として千葉県知事が任命します。「調査員証」には

   「千葉県知事鈴木栄治」と表記されています。

 ・ 知事名については、「森田健作」ではなく、本名である「鈴木栄治」を使用しています。

 ・ 調査員は写真入りの「調査員証」を必ず携行しています。

 ・ 調査員をはじめとする調査関係者には、厳格な守秘義務が課されています。

 

6. 調査結果の公表について

 平成31年4月以降順次、総務省統計局において、インターネットを利用する方法により公表されます。

 調査結果は、インターネットを通じてどなたでも入手し、利用することができます。

 

関連リンク

 総務省統計局 住宅・土地統計調査のホームページ<外部リンク>

 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。