八街市

八街市消費生活センター

トップページ > 相談概要
八街市ホームページ
トップページ八街市消費生活センターについてお知らせ相談概要最近の相談トップ10消費生活モニター(物価価格情報)リンク集
相談概要

〔事例〕
貴金属を買い取ると業者が訪問した。査定をするというので、貴金属を数点見せたところ、買い取ると2万円手渡された。とまどい断ったが、熱心な説明に売ってしまった。安く買い取られたと後悔している。クーリング・オフしたい。

〔相談員から〕
不意打ち的な買い取りの勧誘や、強引な勧誘を受け契約した場合、買い取り価格が妥当なのか比較検討できないため、相場より安い価格で買い取られて後悔することも多いようです。
業者は訪問して勧誘していますが、購入契約ではないのでクーリング・オフはできなく、また、やめたいと申し出ても「買い取り成立後の返品は一切応じない」と取り戻せないことがほとんどです。

〔消費者へのアドバイス〕
・買い取ってもらうつもりがなければ、毅然と断りましょう。
・いったん業者に引き渡した物品を取りもどすのは、きわめて困難です。契約をするかどうか、慎重に検討しましょう。
・退去するように言っても居座ったり、物品を出せと強く迫るなど、怖い思いをした時は警察に通報しましょう。
・一人で業者と応対するのは避けましょう。
・契約前に、業者名や住所、連絡先を必ず確認するとともに、業者に古物商許可証の提示を求め、内容を書き留めておきましょう。これに応じない業者との契約はやめましょう。
・契約する場合には、買い取り条件などが明記された書面をもらいましょう。
・トラブルにあった時は、八街市消費生活センターにご相談ください。



 

マルチ商法ー「自分は大丈夫」と思っていませんか?
 1. マルチ商法(連鎖販売取引)とは
 友人・知人などの人間関係を利用して、販売組織の販売員になった消費者が、自分の下で販売員になるように勧誘して契約をさせ、ピラミッド状に販売員を増やしていくことによって利益が得られる仕組みになっているものです。

 2. マルチ商法の問題点項
 マルチ商法は、勧誘する時は簡単に儲かると説明しますが、思うように加入者が見つからずに、商品の在庫を抱えることになり、支払いだけが残ることもあります。商品等の販売のための組織をピラミッド状に発展させていくマルチ商法は、会員が増えなければいきづまります。会員が永久に増え続けるわけにはいかないので、どこかで必ず組織はいきづまります。ほとんどの会員は、自分が入会した際の出費の回収もできない危険性が常に伴います。最近の学生間で行われているマルチ商法では、「すぐに儲かって返済できる」と言って学生ローンから借金をさせています。こうしたさまざまな問題点があることから、特定商取引法で「連鎖販売取引」として規制しています。

 3. マルチ商法の規制
(1) 勧誘しようとする場合には、接触したらすぐに「業者名、販売している商品の種類、マルチ商法の勧誘が目的であること」を告げなければなりません。
(2) 契約するまでに「契約の概要」について説明した書類(概要書面)を交付する義務があります。
(3) 契約を締結したら、遅滞なく契約書面を交付する義務があります。
(4) 契約書を受け取った日を1日目と数えて20日間のクーリング・オフ制度があります。一方的に無条件で契約は解除できます。
(5) クーリング・オフ期間経過後であっても、いつでも解約して販売員をやめることができます。ただし、購入した商品を使用した場合、商品代金は支払わなければなりません。
(6) 入会から1年以内に中途解約する場合には、購入した商品を受け取ってから90日を経過していない場合で、商品を使用したり販売していないものは返品できます。この場合には、業者が返品に伴って消費者に請求できるのは、返品される商品の販売価格の10%以内と定めています。

 4. 消費者へのアドバイス
 親しい人、信頼できる人が入会しているから大丈夫とは限りません。知人も実態を知らないまま会員になり販売員をしている可能性もあります。
 相手が「絶対大丈夫」と確実であることを強調したり、誰でも儲かる仕組みであるなどというものはあやしいと疑うべきでしょう。迷ったら消費生活相談を利用してください。

消費生活相談実績

消費生活センターには、商品や契約に関する問い合わせや苦情が寄せられており、情報提供やトラブル解決のお手伝いをしています。
 消費生活センターに寄せられた平成25年度の相談件数は457件あり、前年度440件と比べて、17件(3.9%)の増となりました。
 また、前年度と同様にアダルト情報サイトによる相談に加え、子どものインターネット利用・オンラインゲーム利用に関する相談が増えています。
スマートフォンの急激な普及で、親が知らないところで、子どもがインターネットを利用して思わぬ消費者トラブルに巻き込まれる事案が発生しています。
 消費生活センターは、市民が安全で、安心して生活できるよう「市民の最も身近な相談窓口」としての体制の充実を図り被害者救済だけでなく、八街市内の被害未然防止のために更なる啓発活動を行っています。秘密は守られます。
不安に思ったり、困った時は、八街市消費生活センターにご相談ください。

 

消費生活相談実績 【平成24年度】
 消費生活センターには、商品や契約に関する問い合わせや苦情が寄せられており、情報提供やトラブル解決のお手伝いをしています。
  八街市消費生活センターに寄せられた平成24年度の相談件数は440件あり、前年度403件と比べて、37件(9.1%)の増となりました。
  また、今年度もアダルト情報サイトによる相談が多くみられました。パソコンや携帯電話で高額なアダルトサイトなどにアクセスしたところ、いきなり「登録ありがとうございます」などと表示され、料金を請求されたという相談が大半をしめました。
  このうち、パソコンを起動するたびに料金請求の画面が表示され、対処に困って相談にくるケースもありました。
  つぎに件数の多かった相談は、サラ金・フリーローンとなりましたが、最近の傾向としては、様々な劇場型勧誘が増えています。
  私たちは、「市民の最も身近な相談窓口」として、市民の拠り所となることを存在意義と考え、消費者の利益の擁護と救済、及び被害の拡大防止のため、より迅速に業務に邁進しております。

消費生活相談実績 【平成21年度】

 消費生活センターには、商品や契約に関する問い合わせや苦情が寄せられており、情報提供やトラブル解決のお手伝いをしています。
  八街市消費生活センターに寄せられた平成23年度の相談件数は403件あり、前年度365件と比べて、38件(10.4%)の増となりました。
  また、今年度はアダルト情報サイトによる相談が多くみられました。有料であるという認識がないまま、サイトを見ていくと、登録となり料金を請求されたという相談が大半をしめました。
このうち、パソコンを起動するたびに料金請求の画面が表示され、対処に困って相談にくるケースも多くありました。 
  つぎに件数の多かった相談は、フリーローン・サラ金となりました。契約する際は、よく考えて慎重にしましょう。
  私たちは、「市民の身近な相談窓口」として、市民の拠り所となることを存在意義と考え、消費者の利益の擁護と救済のため、業務に邁進しております。困ったときは、消費生活センターにご相談ください。

消費生活相談実績 【平成21年度】

 消費生活センターには、商品や契約に関する問い合わせや苦情が寄せられており、情報提供やトラブル解決のお手伝いをしています。
  八街市消費生活センターに寄せられた平成22年度の相談件数は365件あり、前年度379件と比べて、14件(0.7%)の減となりました。
  また、前年度と同様にフリーローン・サラ金等の多重債務問題や巧妙な手口が進む不当請求の相談に加え、複雑な内容の相談が増えています。また、高齢者を狙う悪質商法等も悪質巧妙となり、相談が多く寄せられています。
  契約する際は、よく考えて慎重にしましょう。困ったときは、消費生活センターに相談してください。

消費生活相談実績 【平成21年度】

 消費生活センターには、契約や製品の安全性等に関する問い合わせや苦情が寄せられており、情報提供やトラブル解決のお手伝いをしています。

 八街市消費生活センターに寄せられた平成21年度の相談件数は379件あり、前年度290件と比べて、89件(30.7%)の増加となりました。

 また、前年度と同様にフリーローン・サラ金等の多重債務問題や巧妙な手口が進む不当請求の相談に加え、複雑な内容の相談が増えています。また、高齢者を狙う悪質商法等も悪質巧妙となり、相談が多く寄せられています。

 契約する際は、よく考えて慎重にしましょう。困ったときは、消費生活センターに相談してください。

 

 商品・役務別件数
区分 平成21年度件数 前年度
件数
前年度比 当事者性別※
合計 苦情 問合せ 構成比 増減数 増減率 男性 女性

商品一般 18 12 6 4.7 18 0 0.0 5 13
食料品 8 2 6 2.1 14 -6 -42.9 3 5
住居品 8 8 0 2.1 6 2 33.3 3 5
光熱水品 6 4 2 1.6 7 -1 -14.3 5 1
被服品 5 5 0 1.3 7 -2 -28.6 1 4
保健衛生品 5 4 1 1.3 2 3 150.0 1 4
教養娯楽品 11 11 0 2.9 13 -2 -15.4 6 4
車両・乗物 11 10 1 2.9 8 3 37.5 9 1
土地・建物・設備 26 20 6 6.9 22 4 18.2 18 8
他の商品 0 0 0   0 0   0 0
小計 98 76 22 25.9 97 1 1.0 51 45

クリーニング 3 2 1 0.8 3 0 0.0 0 3
レンタル・リース・賃借 19 12 7 5.0 11 8 72.7 10 8
工事・建築・加工 14 12 2 3.7 10 4 40.0 9 4
修理・補修 7 6 1 1.8 3 4 133.3 6 1
管理・保管 1 1 0 0.3 0 1   0 1
役務一般 0 0 0 0.0 2 -2 -100.0 0 0
金融・保険サービス 92 82 10 24.3 68 24 35.3 57 33
運輸・通信サービス 51 48 3 13.5 27 24 88.9 32 19
教育サービス 1 1 0 0.3 0 1   0 1
教養・娯楽サービス 3 3 0 0.8 9 -6 -66.7 3 0
保険・福祉サービス 14 11 3 3.7 13 1 7.7 4 10
他の役務 8 6 2 2.1 3 5 166.7 6 2
内職・副業・相場 5 5 0 1.3 3 2 66.7 2 3
他の行政サービス 9 1 8 2.4 4 5 125.0 7 2
小計 227 190 37 59.9 156 71 45.5 136 87
他の相談 54 7 47 14.2 37 17 45.9 25 29

合計 379 273 106 100.0 290 89 30.7 212 161
内容別相談件数
区分 平成21年度件数 前年度
件数
前年度比
合計 苦情 問合せ 構成比 増減数 増減率
1 安全・衛生 6 5 1 1.6 1 5 500.0
2 品質・機能・役務品質 21 21 0 5.5 24 -3 -12.5
3 法規・基準 6 3 3 1.6 1 5 500.0
4 価格・料金 15 13 2 4 2 13 650.0
5 計量・量目 0 0 0 0 0 0  
6 表示・広告 9 8 1 2.4 8 1 12.5
7 販売方法 119 113 6 31.4 103 16 15.5
8 契約(解約) 243 219 24 64.1 189 54 28.6
9 接客対応 21 21 0 5.5 15 6 40.0
10 包装・容器 0 0 0 0 0 0  
11 施設・設備 0 0 0 0 0 0  
12 買物相談 4 0 4 1.1 1 3 300.0
13 生活知識 12 0 12 3.2 8 4 50.0
14 その他 12 0 12 3.2 13 -1 -7.7

合計 468 403 65 123.5 365 103 28.2

 特殊販売別当事者別件数
特殊販売 平成21年度件数 増減数 前年度比
合計 苦情 問合せ

店舗購入
154
130
24
39
133.9
訪問販売
43
41
2
5
113.2
通信販売
73
69
4
21
140.4
マルチ・マルチまがい
1
0
1
-8
11.1
電話勧誘販売
10
10
0
-5
66.7
ネガティブ・オプション
1
1
0
-1
50.0
その他無店舗
5
4
1
4
500.0
不明・無関係
92
18
74
34
158.6

合計
379
273
106
89
130.7

 

※不明者は除く

 

消費生活相談実績 【平成20年度】
 消費生活センターには契約に関する問合せや苦情が寄せられ、情報提供やトラブル解決のお手伝いをしています。
 平成20年度に八街市消費生活センターに寄せられた相談件数は、290件となりました。前年度307件と比べると17件減少しました。
 しかし、フリーローン・サラ金等の多重債務相談や巧妙な手口が進む不当請求の相談に加え、複雑な内容の相談が増えています。また、高齢者を狙う悪質商法等も悪質巧妙となり、相談が多く寄せられています。
 契約する際は、慎重によく考えて対処しましょう。困ったときは消費生活センターに相談しましょう。

 商品・役務別件数
区分 平成20年度件数 前年度
件数
前年度比 当事者性別※
合計 苦情 問合せ 構成比 増減数 増減率 男性 女性

商品一般 18 18 0 6.2 25 -7 -28.0 4 14
食料品 14 12 2 4.8 8 6 75.0 8 6
住居品 6 4 2 2.1 13 -7 -53.8 1 5
光熱水品 7 5 2 2.4 6 1 16.7 4 3
被服品 7 4 3 2.4 5 2 40.0 2 5
保健衛生品 2 2 0 0.7 4 -2 -50.0 1 1
教養娯楽品 13 12 1 4.5 16 -3 -18.8 6 6
車両・乗物 8 7 1 2.8 12 -4 -33.3 6 2
土地・建物・設備 22 19 3 7.6 16 6 37.5 10 10
他の商品 0 0 0
0 0
0 0
小計 97 83 14 33.4 105 -8 -7.6 42 52

クリーニング 3 3 0 1.0 2 1 50.0 1 2
レンタル・リース・賃借 11 8 3 3.8 12 -1 -8.3 8 3
工事・建築・加工 10 9 1 3.4 11 -1 -9.1 6 4
修理・補修 3 3 0 1.0 0 3
2 1
管理・保管 0 0 0
1 -1 -100.0 0 0
役務一般 2 2 0 0.7 0 2
2 0
金融・保険サービス 68 62 6 23.4 73 -5 -6.8 41 27
運輸・通信サービス 27 26 1 9.3 46 -19 -41.3 18 8
教育サービス 0 0 0
0 0
0 0
教養・娯楽サービス 9 9 0 3.1 11 -2 -18.2 3 6
保険・福祉サービス 13 8 5 4.5 10 3 30.0 5 7
他の役務 3 1 2 1.0 10 -7 -70.0 0 3
内職・副業・相場 3 3 0 1.0 1 2 200.0 1 2
他の行政サービス 4 1 3 1.4 3 1 33.3 1 3
小計 156 135 21 53.8 180 -24 -13.3 88 66
他の相談 37 6 31 12.8 22 15 68.2 22 14

合計 290 224 66 100.0 307 -17 -5.5 152 132
※不明者は除く

 内容別相談件数
区分 平成20年度件数 前年度
件数
前年度比
合計 苦情 問合せ 構成比 増減数 増減率
1 安全・衛生 1 1 0 0.3 3 -2 -66.7
2 品質・機能・役務品質 24 22 2 8.3 30 -6 -20.0
3 法規・基準 1 1 0 0.3 3 -2 -66.7
4 価格・料金 2 2 0 0.7 25 -23 -92.0
5 計量・量目 0 0 0
1 -1 -100.0
6 表示・広告 8 8 0 2.8 8 0 0.0
7 販売方法 103 97 6 35.5 131 -28 -21.4
8 契約(解約) 189 181 8 65.2 213 -24 -11.3
9 接客対応 15 15 0 5.2 25 -10 -40.0
10 包装・容器 0 0 0
0 0
11 施設・設備 0 0 0
0 0
12 買物相談 1 0 1 0.3 4 -3 -75.0
13 生活知識 8 0 8 2.8 5 3 60.0
14 その他 13 0 13 4.5 9 4 44.4

合計 365 327 38 125.9 457 -92 -20.1

 特殊販売別当事者別件数
特殊販売 平成20年度件数 性別
合計 苦情 問合せ 男性 女性

店舗購入 115 101 14 68 45
訪問販売 38 35 3 18 20
通信販売 52 52 0 23 28
マルチ・マルチまがい 9 8 1 2 7
電話勧誘販売 15 15 0 12 3
ネガティブ・オプション 2 2 0 1 0
その他無店舗 1 1 0 1 0
不明・無関係 58 10 48 27 29

合計 290 224 66 152 132