トップ > 市役所各課案内 > 監査委員事務局

  監査委員事務局


監査委員制度とは

 公正で合理的かつ能率的な市政運営確保のため、市が行う事務全般について、 公金が正しく効率的に使われているか、予算執行や契約などの財務に関する事務が適正に行われているかを監査委員がチェックする制度です。

監査委員とは

 市の財務に関する事務の執行が法令等に基づいて適正に行われているか、また、市の経営にかかる事業の管理が合理的に行われているかを監査するため、地方自治法で定められた執行機関です。

監査委員の選任について

 監査委員は、人格が高潔で、財務管理や事業の経営管理などに優れた識見を有する者及び市議会議員から、議会の同意を得て市長が選任します。
  八街市では識見を有する者1名、市議会議員から1名の計2名が選任されています。

監査委員の行う監査について

 監査委員は、例月出納検査、決算審査、定期監査などの経常的な監査のほか、住民から請求のあった場合に行う住民監査や、監査委員が必要があると認める時に行う財政援助団体監査や随時監査などの監査を実施しています。

住民監査請求について

 八街市民の方が、八街市の市長等執行機関及び職員について、違法又は不当な財務会計上の行為があると認めるとき、これを証する書面を添えて、監査委員に対し監査を求め、市のこうむった損害を補填するために必要な措置を講ずべきことを請求するものです。
→ 住民監査請求の手引き

監査委員事務局

 監査委員の職務を補助するための機関です。

監査の結果

 ・定期監査

 ・決算審査

 八街市住民監査請求取扱要領(平成26年2月24日告示)

詳しくは、市監査委員事務局TEL443−1485へ。