カーブミラーについて

カーブミラーとは
 信号機の無い交差点や、幅員の狭いカーブにおいて、壁や建物があることで死角となる方向の道路の様子を、手前から確認するために設置したミラーです。
 カーブミラーはあくまでも視界を補助するためのもので、写ってる状態がすべてではありません。ミラーの構造や設置角度、設置環境によって実際とは違う見え方をすることから、ミラーだけを頼ることなく、目視することが不可欠です。

カーブミラーの不具合を発見したら
 カーブミラーについて「割れている」「角度が変わって見えない」など、カーブミラーの不具合を発見した場合は市にご連絡ください。
連絡の際は、何処の場所のカーブミラーが、どちらから見て、どちらの方角が見えなくなったのか。また、鏡面は割れていないかなどをお伝えてください。
※カーブミラーの中には宅地開発事業者や個人などが設置、管理されているものもあります。

カーブミラーを設置するには
 新たにカーブミラーの設置を希望する場合は、下記「カーブミラー等設置申請書」により、その地域(区や自治会)の代表者からの申請が必要となります。
袋小路(突っ込み道路)など、利用者が限定される場合につきましては、概ね10戸以上の住宅がある場合に限ります。

カーブミラーを設置するには
カーブミラー等設置申請書【PDF】
 その地域(区や自治会)の代表者からの申請が必要です。
承諾書【PDF】
 設置するカ所が個人の方が所有地する土地の場合、その方の書面による承諾が必要です。

問い合わせ 防災課 TEL043-443-1119

 
 
 

〒289-1192 千葉県八街市八街ほ35番地29
TEL043-443-1111(代) FAX043-444-0815

ホームページに関するご意見、ご感想八街市役所総務部秘書広報課へお寄せください。
このホームページに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。
すべての著作権は八街市に帰属します。

制作:八街市役所総務部秘書広報課