トップ  > 生活環境

  生活環境


◎水道

水道課 TEL043−443−0677
E-mail suido@city.yachimata.lg.jp
(水道課ホームページはこちらから)

◎水道料金表(1カ月)

◎水道料金は、基本料金と従量料金からなります

水道料金=基本料金+従量料金
・基本料金
使用水量の有無にかかわらずメーターの大きさ(口径)によりいただく料金です。
・従量料金
使用水量(m3)によりいただく料金です。

口径 基本料金 従 量 料 金
1m3〜10m3 11m3〜20m3 21m3〜50m3 51m3
13mm 658円 139円 185円 247円 370円
20mm 1,018円
25mm 1,841円
30mm 2,705円
40mm 4,320円
50mm 7,128円
75mm 17,928円
※上記金額には消費税及び地方消費税が含まれています。
※上記の表により算定して得た金額に10円未満の端数が生じた場合は切り捨てます。
※請求は通常2か月毎にまとめて行います。

 

○水道料金算定の方法

(例)2カ月の使用水量が50m3でメーター口径が13mmの場合

基本料金
従量料金
 
640円
(135円*10m3+180m3*10m3+240円*5m3
4,990円(10円未満切り捨て)

4,990円*2カ月=9,980円

水道料金早見表 [PDF](税込表示)
(メーター口径がわからない方は、「検針票」または「領収書」をご覧ください)

<水道料金の計算方法>

例)「メーターの口径が20mm」、「2カ月の使用水量が49?」の場合
まず、2カ月49m3を、@「1カ月24m3」とA「1カ月25m3」に分けて計算します。

@24m3
基本料金
1,018円
従量料金
139円
×
10m3
1,390円
 
185円
×
10m3
1,850円
 
247円
×
4m3
988円
 
 
合計
4,228円
基本料金+従量料金
5,246円
※10円未満切り捨て@
5,240円

 

A25m3
基本料金
1,018円
従量料金
139円
×
10m3
1,390円
 
185円
×
10m3
1,850円
 
247円
×
5m3
1,235円
 
 
合計
4,475円
基本料金+従量料金
5,493円
※10円未満切り捨てA
5,490円

次に、上記で算出された@とAの合計が水道料金となります。

@5,240円+A5,490円
10,730円

◎給水工事の申し込み

 給水工事の新設・増設・改造・修理などの工事の申し込みは、市指定給水装置工事事業者に依頼してください。市営水道の工事は市指定給水装置工事事業者以外は工事を行うことができません。市指定給水装置工事事業者以外に依頼した工事は無届け工事となり、市給水条例により給水の停止をすることがありますのでご注意ください。


◎給水申込負担金表
給水装置を新設・増径する場合には、その口径に応じて給水申込負担金を納めて頂きます。

口 径 負担金

 

13mm 108,000円
20mm 291,600円
25mm 496,800円
30mm 756,000円
40mm 1,512,000円
50mm 2,700,000円
75mm以上

金額には消費税および地方消費税が含まれています。

※メーター口径75mm以上については、お問い合わせ下さい。
※このほかに給水装置工事の検査手数料(6,000円)がかかります。

○手数料

下記の場合は、手数料がかかります。

指定工事事業者の指定をうけるとき
新規登録手数料
20,000円
指定工事業者証の再交付をうけるとき
再交付手数料
20,000円
管理者に給水装置工事の設計を依頼したとき
設計手数料
設計金額の100分の5以内
給水装置工事の検査をうけるとき
検査手数料
6,000円
消火栓等現地立ち会いをうけるとき
立会手数料
1,000円

水道料金納入通知・検針・閉栓・開栓

 市では、水道料金の納入通知書の配布、検針、閉栓、開栓を民間業者に委託しています。納入通知書の配布と検針は2カ月に1度ですので、配布された納入通知書で市内の銀行、農協、信用金庫・組合、郵便局、コンビニエンスストアでお支払いください。

○水道料金のお支払いは便利な口座振替で

 水道料金のお支払いは、手軽な口座振替をご利用ください。お忙しい方やお留守がちな方には大変便利です。
 最近の水道料金の検針票または領収書、預金通帳、銀行お届け印鑑をご持参のうえ、下記の取扱金融機関でお申し込みください。
取扱金融機関
千葉銀行、千葉興業銀行、京葉銀行、千葉信用金庫、銚子信用金庫、銚子商工信用組合、いんば農業協同組合、ゆうちょ銀行・郵便局 

入居・引っ越しのときは早めに連絡を

 新居、借家などに新たに入居したり、引っ越しをするときは、早めに料金徴収業務委託会社までご連絡ください。また、引っ越しのときは水道料金の精算をお願いします。

浄水器の設置や水道管の洗浄サービスにご注意ください

 市水道課では、訪問による検査などは一切委託しておりません。また、浄水器の設置や水道管の洗浄については義務付けしておりませんのでご注意ください。

○「市水道課の方から水質調査を委託されたので検査させてほしい」と電話や家庭を訪問し、簡単な水質検査を行い「水質が良くないので浄水器を取り付ける必要がある」と浄水器の設置を勧められた。
○浄水器の設置を義務付けしているように装い、浄水器の設置を勧められた。
○「水道管の内部が汚れている」、「水道管が古いので清掃をした方がよい」などと説明し、水道管の洗浄を勧められた。
○場合によっては「市役所などからの依頼で浄水器を設置することになった。」と訪問する場合もありました

※このほかにも、さまざまな手法で悪質商法が行われています。契約をする前に、ご家族の方などとよく相談し、契約をする意思がなければはっきりと断ることが大切です。

ご不明な点、わからない事がありましたら、八街市水道課へお問い合わせください。

TEL 043−443−0677
FAX 043−443−0462
E-mail 
suido@city.yachimata.lg.jp



◎下水道

下水道課 TEL043−443−1440
E-mail gesuido@city.yachimata.lg.jp
(下水道課ホームページはこちらから)

下水道使用料

 公共下水道の施設が、いつまでも本来の目的を果たすためには、十分な維持・管理が必要です。そのため、この維持・管理(管の清掃費、処理場の処理費など)の費用にあてるため、公共下水道を利用されている方には、水の使用水量に応じて下水道使用料を納めていただきます。

汚水量の算定基準

 
家事用
営業用
家事用と営業用とが分けられない場合
水道水を使用している場合 水道水の使用水量
井戸水などを使用している場合 世帯人員1人につき
1カ月8m3
認定水量
水道水と井戸水を併用している場合 水道水の使用水量と世帯人員1人につき1カ月4m3 水道水の使用水量と認定水量

使用料金表 (1ヵ月につき)

区分
汚水量
金額
基本額
10m3以下
   
1,296円
超過額
10m3を超え20m3以下
1m3につき
140円
40銭
20m3を超え30m3以下
1m3につき
162円
 
30m3を超え50m3以下
1m3につき
172円
80銭
50m3を超え100m3以下
1m3につき
183円
60銭
100m3を超え500m3以下
1m3につき
194円
40銭
500m3を超えるもの
1m3につき
205円
20銭
※上表により算定して得た額に10円未満の端数が生じた場合は切り捨てます。

使用料金の算出方法
 使用料金=基本額+超過額
◎計算例
 
2カ月間に45m3使用した場合は、1カ月22m3と1カ月23m3に分けて計算します。
(1)
基本額
(10m3含む)1,296円
(2)
基本額
(10m3含む)1,296円
超過額
140.4円×10m3=1,404円
超過額
140.4円×10m3=1,404円

162円×2m3=  324円

162円×3m3=486円


小計 22m3 3,024円
小計 23m3 3,186円
 ≒3,020円
≒3,180円
 下水道使用料金〔(1)+(2)〕3,020円+3,180円=6,200円

 

使用料金の支払い

 市では、水道料金と同様に下水道使用料金も民間業者に収納事務を委託しています。下水道使用料金は、水道料金と併せて2カ月に1度の口座振替または納入通知書でお支払いください。

◎し尿処理

環境課 TEL043−443−1406

し尿処理浄化槽

 浄化槽管理者(使用者)は、水質の悪化や公害を未然に防止するため、年1回の清掃および3カ月に1回の保守点検を行うことが義務づけられています。

法定検査

 浄化槽は通常の保守点検とは別に、公的な専門機関が行う「法定検査」および「水質検査」を、年1回受けることが義務づけられています。(千葉県浄化槽検査センターTEL246−6283で行っています)

し尿の汲み取り

 し尿の汲み取りは、市が許可をした2業者が南部地域と北部地域を分担して行っています。

地域
地区
汲み取り業者
北部地域
一区、二区、五区、七区、朝日、富山、泉台、文違、喜望の杜、住野、榎戸、大関、真井原、西林、みどり台、藤の台、ライオンズガーデン、八街・榎戸学園台
(株)五十嵐商会
八街は10−35
TEL 443−4676
南部地域
三区、四区、六区、大東、夕日丘、四木、滝台、山田台、沖、大谷流、小谷流、根古谷、岡田、用草、勢田、東吉田、吉倉、砂、上砂、希望ヶ丘、ガ−デンタウン
大成企業(株)
八街ほ371-9
TEL 443−3231

◎各種補助制度

環境課 TEL043−443−1406

単独処理浄化槽』や『汲み取り便槽』から家庭用小型合併処理浄化槽に転換する方には補助制度があります

※平成26年度の受付は終了しました。
◎浄化槽とは
家庭から出る汚れた水を各家庭できれいにする設備です。
◎浄化槽には
トイレや台所・洗面所・風呂場などの生活排水を一緒に処理できる『合併処理浄化槽』と、
トイレの汚水だけを処理し、他の生活排水はそのまま流してしまう『単独処理浄化槽』があります。
◎現在は
単独処理浄化槽を新たに設置することはできません。
◎これからは
単独処理浄化槽や汲み取り便槽の家庭は合併処理浄化槽への設置替え《転換》に努めましょう。
◎市では
対象地域や対象者などを定め、予算の範囲内で転換費用の一部を補助しています。

補助事業の区分

浄化槽の規模

補助金額
高度処理型※
通常型※
単独処理浄化槽からの転換
5人槽
624,000円
512,000円
6・7人槽
666,000円
594,000円
8〜10人槽
756,000円
728,000円
汲み取り便槽からの転換
5人槽
544,000円
432,000円
6・7人槽
586,000円
514,000円
8〜10人槽
676,000円
648,000円

※通常型(小型合併処理浄化槽)☆通常型は印旛沼流域以外に限り補助対象となります。
し尿及び生活雑排水を併せて処理する50人槽以下の合併処理浄化槽であって、BOD除去率90パーセント以上、かつ、放流水 1リットル当たりのBODが20ミリグラム(日間平均値)以下の機能を有し、合併処理浄化槽設置整備事業における国庫補助 指針(平成4年10月30日付衛浄第34号)に適合するもののうち、処理対象人員10人以下のもの。

※高度処理型(高度処理型合併処理浄化槽)
1 上記に該当する小型合併処理浄化槽のうち、放流水1リットル当たりの総窒素濃度が20ミリグラム以下又は総燐濃度が
1ミリグラム以下の機能を有するもの
2 上記に該当する小型合併処理浄化槽のうち、BOD除去率97%以上、放流水1リットル当たりのBODが5ミリグラム
(日間平均値)以下の機能を有するもの。

注意事項
@対象地域…下水道認可区域外(集中処理浄化槽施設を設置している住宅団地は対象外)
A対象物件…自己の居住の用に供する専用住宅、一部併用住宅に限る
※販売・賃貸目的、住宅の新築、建替及び増築に伴う設置は補助対象外
B申請時期…工事着工前(既に設置されている方は対象外)
C放 流 先…国、県、市の道路側溝等に接続する場合は、申請書に占用許可書の写しを添付
(放流先が無い場合は、千葉県浄化槽指導要綱に基づく「放流先がない場合の
浄化槽放流水の処理に係るガイドライン」により放流水を処理)
D補助基数…当該年度の予算枠が終了次第受付締切

浄水器設置費補助金

 安全で健康的な生活を守るため、水質基準に適しない家庭用井戸水に対して、浄水器を設置する家庭に、その費用の一部を補助しています。
◎補助対象資格
・市内に自宅を所有し、住んでいる方。
・地下水を飲料用として使用し、住宅に隣接する道路に上水道配水管が敷設されていない方。
・地下水の水質が右表の基準に適合していない方。
◎申請に必要なもの
 地下水の水質検査の計量証明書などの写し、浄水器のカタログ、見積書(写し)
◎補助金額
 設置費(本体価格、取付工事費)の1/3(上限5万円)
※事前に購入しているものは対象となりません。

項目
基準値
硝酸態窒素および亜硝酸態窒素 10mg/L以下
大腸菌 検出されないこと

◎犬の登録など

環境課 TEL043−443−1406

畜犬登録および狂犬病予防注射

 飼い主の負担を軽減するため、犬の登録は生涯1回となりました。
 しかし、飼い犬の死亡や所在地の変更、または飼い主の変更や住所・氏名が変わったときなどは、届け出が必要です。
 狂犬病の予防注射は、引き続き、毎年受けなければなりません。
 市では、毎年4月ごろに犬の集合注射を行っています。
 実施会場などは広報紙などでお知らせしますので、最寄りの会場で注射を受けてください。
〈次のいずれかに該当する犬は集合注射を受けることができません〉

1.集合注射時具合が悪い。
2.現在治療中の病気がある。
3.2週間以内に人をかんだ。
4.今までに予防注射で具合いが悪くなった。
5.今までにテンカン様発作を起こしたことがある。
6.30日以内に予防注射を受けた。
7.発情中・妊娠中・授乳中である。
8.注射する時に犬をしっかり押さえられない。

 状態の良いときに別の会場で注射を受けるか、集合注射終了後に開業獣医師(動物病院)で診察のうえ注射を受けてください。