トップ > 子ども手当が児童手当に変わりました

  子ども手当が児童手当に変わりました


 

 子ども手当は平成24年3月分で終了し、4月から児童手当法による手当制度が始まりました。
 今回の制度改正に伴う新たな申請手続きは不要です。
 ただし、出生や他の市町村からの転入等によって手当認定を受ける場合は手続きが必要です。

・平成24年4月から5月分の児童手当認定

 八街市で子ども手当を平成24年3月分まで受給していた方が、4月1日時点で支給要件を満たしている場合は、改めて申請の必要なく児童手当認定となります。

・平成24年6月分以降の児童手当認定

 平成24年6月分から所得制限が設けられます。6月分以降の手当を受給するためには、現況届の提出が必要になります。
対象の方(平成24年5月分まで支給のあった方全て)には6月上旬頃、現況届を送付します。受付は6月以降です。
○受給対象者
 中学校3学年修了前まで(15歳到達後、最初の3月31日まで)の子どもを監護している保護者のうち、主に子どもの生計を維持している者。
 公務員の方は、職場にご確認ください。
・支給対象の子どもについて国内居住要件があります。
 (ただし留学の場合は、支給となる場合があります)
・里親、児童養護施設等に入所している子どもについては、施設の設置者等が受給対象者となります。
・監護要件を満たすものが複数いる場合は、子どもと同居しているものが受給対象者(単身赴任の場合は主に子どもの生計を維持している者となります。)
○支給額
 3歳未満(一律) 月額15,000円
 3歳以上小学校修了前(第1子・第2子) 月額10,000円
 3歳以上小学校修了前(*第3子) 月額15,000円
 中学生(一律) 月額10,000円
 なお、6月以降は所得制限が設けられるため、限度額以上の場合
 (当面の間)児童1人につき  月額5,000円
○支給月
 認定を受けた方へ支給します。書類不足等により、保留となっている場合は認定となってからの支給となります。
 また、6月以降の手当は、現況届が未届の場合、支給差し止めとなります。
 6月期:2月〜5月分 平成24年6月に限り、子ども手当2月〜3月分と、児童手当4月〜5月分が支給されます。
 10月期:6月〜9月分 
 2月期:10月〜1月分
※子ども手当(特別措置法)の認定を受けていない方は、児童手当の申請が必要です。
※出生や、他の市町村からの転入等があった場合、八街市で児童手当を受給するためには手続きが必要です。原則として、申請月の翌月分からの支給となるので、お早めに手続きください。
※平成23年10月から平成24年3月分までの子ども手当(特別措置法)について、請求の期限が平成24年9月30日までに延長されました。
平成23年10月1日時点で子どもの監護があった方は、平成24年9月30日までに請求し認定された場合、平成23年10月分からの手当を受給することができます。
 ただし、認定されるまでは手当の支給はできませんので、まだ請求していない方は、できるだけ早く請求してください。

 詳しくは市役所児童家庭課へ。
電話番号
043−443−1693
メールアドレス