トップ > 市立保育園の耐震診断結果の公表

  市立保育園の耐震診断結果の公表


・市立保育園の耐震診断結果を公表します。

保育園は、幼い子ども達が一日の大半を過ごす場であり、施設の安全性を確保することが必要です。
このため、旧耐震基準(昭和56年6月以前)により建築された施設の耐震診断を実施しました。
本市では、次の4園(4棟)が対象となり、その結果について公表します。

市立保育園耐震診断結果一覧

保育園名
建築年
構造
延床面積
2次診断結果
耐震補強の必要性の有無
Is値
実施年度
八街保育園
(1棟)
昭和49年
RC
827u
2階
X方向 0.97
平成22年度
 
 
 
Y方向 3.09
1階
X方向 0.70
Y方向 2.07
実住保育園
(1棟)
昭和58年
RC
827u
1階
X方向 0.81
 
Y方向 0.93
朝陽保育園
(1棟)
昭和56年
RC
688u
1階
X方向 1.45
 
Y方向 1.44
交進保育園
昭和55年
RC
754u
1階
X方向 1.87
 
Y方向 1.17

◆ 構造
   RC=鉄筋コンクリート造

◆ 診断方法について
   1次診断法…建築物の耐震性能を簡略に評価する診断方法で、壁の多い建築物の診断に適しています。
   2次診断法…建築物の耐震性能をより詳細に評価する診断方法です。
   なお、本市では、全ての建物の評価を2次診断法により実施しました。

◆ Is値
   地震に耐えられる能力としての建物の強さ、地震の力を受け流す能力としての建物の粘りの二つに、建物
   の形状・経年変化を考慮して、耐震診断基準による計算式により求められます。

  【Is値の目安】
    0.3未満
     大規模な地震の震動及び衝撃に対し、倒壊又は崩壊する危険性が高い。
    0.3以上0.6未満
     大規模な地震の震動及び衝撃に対し、倒壊又は崩壊する危険性がある。
    0.6以上
     大規模な地震の震動及び衝撃に対し、倒壊又は崩壊する危険性が低い。
    なお、文部科学省では、教育関連施設におけるIs値は、概ね0.7以上を満たすようにとの指針を示しています。
    また、大規模な地震とは、震度6強から震度7程度の地震を想定しています。

◆ 調査方向について
   建物の桁行(長い方向)を「X方向」、梁間(短い方向)を「Y方向」とし、縦横2方向から調査しています。

 詳しくは市役所児童家庭課へ。
電話番号
043−443−1693
メールアドレス