トップ  > 健康

  健康


◎母子

健康カレンダー

乳児相談・幼児健診年間予定【PDF】
成人の検診【PDF】
市内医療機関一覧【PDF】
夜間休日の救急医療【PDF】

健康増進課 TEL043−443−1631

 健康増進課では随時、地区担当保健師・看護師・栄養士・歯科衛生士などが、電話、窓口での相談や家庭訪問をおこなっています。

母子健康手帳

 妊娠届出をした方に母子健康手帳および妊婦と乳児の一般健康診査受診票を交付します。申請者の身分証明書と妊娠証明書または妊娠を証明できるもの(超音波写真など)、個人番号カード(マイナンバーカード)または個人番号通知カードをお持ち下さい。
 この手帳は、妊娠中や出産の状況、乳幼児の発育・発達の経過が記録できるほか、予防接種や健康診査時に必要となります。
 妊婦および乳児の受診票は千葉県内の医療機関・助産所のみ有効となります。県外の医療機関で受診票を使用したい場合は事前にご連絡下さい。
※ご本人、同居しているご家族以外の方が申請の際は、委任状(こちらからダウンロード【PDF】)が必要になります。

ママになろう!ハッピールーム

 妊婦を対象に妊娠・出産・育児についての講義や実習を行います。(要予約・先着20人)
○年間4コース(1コース3課)
 3課についてはママと一緒に家族(パパや初めておじいちゃんおばあちゃんになられる方)1名の参加、大歓迎です。

1課
2課
3課
オリエンテーション
妊娠中の歯の手入れ
妊婦体操
健康増進課のサービス
抱っこの仕方
オムツの替え方
お風呂の入れ方
赤ちゃんとの対面
調理実習
妊娠中の栄養
授乳中の栄養
赤ちゃんの栄養
座談会

新生児訪問・こんにちは赤ちゃん訪問

 八街市では生まれた赤ちゃんのいるご家庭全てに訪問しています。助産師か保健師または地区の訪問員が伺います。
 助産師か保健師が訪問する場合には身長・体重測定等も行います。

乳児相談

対象者
相談日
内容
4カ月児
毎月1回
身体計測、育児相談、
離乳食のすすめ方・試食(保護者のみ)、歯の話、
予防接種手帳の配布
10カ月児
毎月1回
身体計測、育児相談、歯の話、
離乳食のすすめ方・試食(保護者のみ)
絵本の読み聞かせとプレゼント

1歳6カ月児健康診査

 乳児期から幼児に移る段階で、身体の異常や病気を早期に発見し、その進行を未然に防ぐために健康診査を行います。
○毎月1〜2回
○身体計測、内科診察、歯科診察、ブラッシング指導、栄養相談、育児相談、言語相談

2歳児歯科健康診査

 2歳6か月に達した幼児の歯科健康診査です。むし歯予防のフッ素塗布を行います。
○歯科診察、フッ素塗布、歯科相談、栄養相談、育児相談

3歳児健康診査

 3歳5か月に達した幼児の健康診査です。3歳児は精神的、身体的に発育する重要な時期です。
○毎月2回
○身体計測、尿検査、内科診察、歯科診察、ブラッシング指導、栄養相談、育児相談、言語相談

子どもの「食」教室(要予約)

 保護者を対象として、子どもの「食」に関して毎回異なるテーマでお話と調理実習を行います。また、学童とその保護者を対象として「親子料理教室」を行います。

すくすく相談

 1歳6か月児未満のお子さんを対象に、保健師、栄養士、歯科衛生士がお子さんに関する様々な相談をお受けします。(要予約)

子ども医療費助成制度

 0歳から中学校3年生の子どもを対象として、入院、 通院、保険調剤に要した医療費の助成を行います。
 助成を受けるためには事前に申請し「子ども医療費 助成受給券」の交付を受ける必要があります。
 基本は申請日からの助成ですが、出生、転入により本市の住民となった日の翌日から1カ月以内にご申請いただいた場合は、出生日または転入日より助成対象となります。

制度内容の詳細・申請様式などはこちら

未熟児養育医療

 身体の発育が未熟なままで生まれ、入院して養育する必要があると医師が認めた赤ちゃんを対象として、その治療に必要な医療費を助成する制度です。
生まれてから1ヶ月以内、退院をされる前に申請してください。
 助成内容は、健康保険法で対象としている医療費が助成の対象となりますので、入院治療における診療・医学的処置・治療等が受けられます。だだし、おむつ代・差額ベッド代等の保険対象外のものは、
助成の対象から除外されます。

制度内容の詳細・申請様式などはこちら

◎成人・高齢者

健康増進課 TEL043−443−1631

成人検(健)診

 各種がん検診および健康診査を実施しています。
 がんの早期発見や生活習慣病予防等のため検(健)診を受けましょう。
 ただし、当該検診で、現在治療中・経過観察中の方は、受ける必要はありません。
 また、自覚症状のある方は、検診ではなく、医療機関で受診してください。
 以下の方には通知(問診票)を郵送しています。
<各種がん検診> 
 ・新たに対象年齢になった方
 ・昨年度当該検診を受けた方
  (子宮頸がんについては、平成23年度または平成24年度に検診を受けた方(経過措置))
 ・転入してきた方(転入時期によります。)
<特定健康診査>
 ・40歳以上の八街市国民健康保険加入者
<後期高齢者健康診査> 
 ・後期高齢者医療保険加入者
<肝炎ウィルス検診> 
 ・対象となる方

検診名
対象年齢
検診時期
内容
費用
胃がん検診
40歳以上

5月〜6月
同日開催

問診・胃部X線検査(バリウム)
1,000円
大腸がん検診
40歳以上
便潜血反応検査(2日分採取)
300円
結核健康診断・肺がん検診 40歳以上

5月〜6月
同日開催

問診・胸部X線検査
300円
特定健康診査
(※国保年金課)
40歳以上で八街市国民健康保険に加入している方 8月同日開催
10月(2日間)
問診・身体計測・検尿・血圧測定・血液検査・医師による診察等
1,000円
後期高齢者健康診査 後期高齢者医療被保険者
無料
健康診査 40歳以上の生活保護受給者
肝炎ウイルス検診 40歳 血液検査(HBV、HCV)
無料
前立腺がん検診 50歳以上の男性 血液検査(PSA)
500円
乳がん検診
(エコー)
・30〜39歳の女性
・40歳代の奇数年齢の女性
9月〜10月上旬
(完全予約制)
問診
乳房超音波検査
1,000円
乳がん検診
(マンモグラフィー)
・40歳代の偶数年齢の女性
・50歳以上の女性
9月〜10月上旬
(完全予約制)
問診
乳房X線検査
1,000円
子宮頸がん検診 20歳以上の女性のうち偶数年齢に該当する方 集団:7月
個別:9〜2月
問診・視診および頸部細胞診 集団:1,000円
個別:2,000円

 

〜新たなステージに入ったがん検診の総合支援事業対象者の方には、無料クーポン券を郵送します〜

検  診  名
対象(年齢は平成28年4月1日時点)
子宮頸がん検診 20歳の女性
乳がん検診(マンモグラフィ) 40歳の女性

<肝炎ウイルス検査>
 B型・C型肝炎ウイルスの感染に気付かずに放置すると、肝硬変、肝がんに進行するおそれがあります。八街市の肝炎ウイルス検査は、40歳の方が無料で検査を受けることができます。また、県内各保健所※1や県が委託している医療機関※2でも、無料で検査を受けることができます(詳しくは※1※2へお問い合わせください)。まだ検査を受けたことがない方は、B型・C型肝炎ウイルス検査を受け、感染している場合には、早期に適切な医療を受けましょう。
〈問い合わせ先〉
◎八街市での検診に関することは、健康増進課へ
※1保健所での検査に関することは、印旛保健所043-483-1135
※2県が委託している医療機関での検査に関することは、県健康福祉部疾病対策課043-223-2665

健康教室

・健康づくりのための教室や講演会を開催します。
・依頼により、講師を派遣し、健康に関する講話や実習を行います。
 (実施基準や内容は、お問い合わせ下さい。)

健康相談

 健康に関する相談を、保健師・看護師・栄養士・歯科衛生士がお受けします。
 ※治療中の方は、医療機関でご相談ください。

在宅訪問歯科診療

 寝たきりなどで通院が困難な65歳以上の方を対象として、在宅歯科診療を行います。
 入れ歯や虫歯などでお困りの方はご相談ください。

◎献血

健康増進課 TEL043−443−1631

 高齢化や医療の高度化で、多量の輸血用血液を必要としています。そのため千葉県赤十字血液センターの移動採血車が各市町村を巡回しています。市内巡回日は広報紙などでお知らせしますので、ご協力ください。
 なお、献血をしていただいた方には、赤十字血液センターで血液中のコレステロール、総たんぱくなど7項目について生化学検査をし、その結果をご本人に通知します。

 
血漿成分献血
200ml献血
400ml献血
年齢
18歳〜69歳
16歳〜69歳
男性17歳〜69歳
女性18歳〜69歳
体重
男性45kg以上
女性40kg以上
男女とも
50kg以上
次回までの献血間隔 男女とも2週間後の同じ曜日から 男女とも4週間後の同じ曜日から 男性は12週間・女性は16週間後の同じ曜日から
※成分献血は男女とも8週間後の同じ曜日から
年間
総献血量
24回以内 200ml献血・400ml献血合わせて
男性1,200ml以内・女性 800ml以内

※65歳以上の献血については、献血される方の健康を考え、60歳〜64歳のあいだに献血の経験がある方に限らせていただきます。
 注射や服薬をした方は、献血をご遠慮いただくことがありますのでご了承ください。